ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  基本検査  腎・尿路系
ここから本文です。

腎・尿路系

検査項目 内容説明
尿定性・沈澄比重 腎臓の濃縮力をみる検査で、脱水症状で高値となります。
蛋白 陽性の場合、腎機能障害、泌尿器系疾患等が疑われます。
陽性の場合、糖尿病、腎性糖尿等が疑われます。
ヘモグロビン 尿中の血液などの反応を示します。
赤血球、白血球、円形上皮、扁平上皮、赤血球円柱、白血球円柱、硝子様円柱、顆粒円柱 尿中の血液等の反応を示します。
尿中の細胞や細菌、赤血球の有無(出血)、白血球の有無(感染)を顕微鏡的に検査します。
腎機能尿素窒素 腎機能の指標です。
腎機能障害や、発熱、消化管出血、脱水等で増加します。
クレアチ二ン
eGFR
電解質Na、K、Cl 体液濃度や尿量を一定に保つ働きをします。
腹部超音波検査 腹部の実質臓器を調べます。主に腫瘍、ポリープ、胆石などを描出することができます。

採尿キット
採尿キット

超音波検査機器
超音波検査機器

超音波画像
超音波画像

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です