ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  基本検査  血液系
ここから本文です。

血液系

検査項目 内容説明
血球数 血色素、ヘマクリット、赤血球数 主に貧血の有無を検査する項目です。
MCH、MCV、 血液指数といい、赤血球の1個の大きさ、色の濃さ、色素の含まれる割合などをみます。貧血などのタイプの判定に用います。
MCHC
血小板数 血液を固める作用を持つ血球成分で、少ない場合は出血傾向となり、多すぎると血栓の原因になります。
白血球数 炎症、感染症、アレルギー等で増加します。極端に増加したり減少した場合は、精密検査が必要です。
血液像 好中数、好酸球、好塩基球、単球、リンパ球、異型リンパ球、白血球幼若型、赤芽球 白血球の成分をパーセントで表しています。
感染症やアレルギー等で変化します。
血液型
ABO式、Rh式
輸血の場合などに必要な血液型を調べます。

注射器
注射器

真空採血管
真空採血管

 
ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です