ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  がんケア  眼科
ここから本文です。

眼科

眼科部長 松元 俊
眼科部長 松元 俊

当院形成外科・がん専門病院と連携したがん治療を行います

眼科領域のがんは主に眼瞼(まぶた)のがんと眼球(めだま)のがんに分けられます。

眼瞼(まぶた)のがん

眼瞼のがんはその種類・大きさによって治療法が異なり、小さいものは切除するだけで済みますが、大きいものは切除だけではなく、眼瞼の形成手術が必要になることがあります。その場合には当院形成外科と協力して手術後の眼瞼の機能を損なわず、美容的にも問題が起こらないように工夫しています。

眼球(めだま)のがん

眼球のがんは、頻度は少ないのですが、発見時に大きくなっていることが多く、たいていの方が眼球摘出が必要となります。がんが小さく眼球摘出しなくても治癒できる場合は、国立がんセンターに紹介して温熱療法などの治療を行います。運悪くがんが大きくて眼球摘出が必要となる場合でも、国立がんセンター・癌研究会付属有明病院などのがん専門病院を受診していただき、診断・治療方針が一致することを確認したうえで実施しています。命を守る為とはいえ、眼球を摘出するとその眼は失明してしまうので、万に一つの誤診もあってはならないからです。

小児に多い「網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)」というがんでは、眼球摘出を急ぐ場合があり、国立がんセンターで診断された方を当院で手術することがあります。その場合は、術後早期に国立がんセンターに戻っていただきます。

眼内の悪性黒色腫の眼底写真

眼内の悪性黒色腫の眼底写真

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です