ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  がんケア  脳神経外科
ここから本文です。

脳神経外科

脳神経外科部長  伊藤 正一
脳神経外科部長
伊藤 正一

高度な放射線治療と外科手術によって、脳腫瘍患者さまのQOLを良好に維持します

脳のがんについて

脳にできる腫瘍には原発性脳腫瘍と転移性脳腫瘍があります。

原発性脳腫瘍は頭蓋骨の中の組織から発生する腫瘍であり、良性腫瘍と悪性腫瘍がだいたい半分ずつです。転移性脳腫瘍は他臓器のがんが脳に転移したものですから、全て悪性腫瘍です。

良性の原発性脳腫瘍は手術で治療し、完治が期待できます。悪性の原発性脳腫瘍は病理学的にはがんとは異なりますが、他臓器のがんと同様に手術、放射線治療、化学療法を用いて治療されます。

転移性脳腫瘍はがん患者の治療が進むにつれ増えてきています。がんで亡くなった患者さまの脳を解剖すると約4分の1に脳転移が見つかるといわれています。その数を日本に当てはめてみると年間7万人から8万人に転移性脳腫瘍が発生していることになります。

原発性脳腫瘍は日本全国で1年に約1万3千人~1万6千人ですから転移性脳腫瘍の方がずっと多いことになります。しかし、実際にはどこの脳外科でも転移性脳腫瘍の患者数はそれほど多くありません。何故でしょうか?

転移性脳腫瘍の実態

がんは転移することによって患者さんの体をむしばみ、死に至らしめることはよく知られています。がんの転移は主に血液の流れに乗って起こります。従って血流の多い肺、肝臓、脳などが転移性腫瘍の発生しやすい臓器です。

脳に転移しやすいがんは肺がん、乳がん、消化器がんの順ですが、肺がん以外の場合も肺に転移してから脳に転移してきます。

転移性脳腫瘍は原発性脳腫瘍と同様に、特有の症状を呈してきて見つかります。その症状とは頭痛、嘔吐などの頭蓋内圧亢進症状と、麻痺、けいれん、視野障害などの神経症状にわけられます。このような症状が出てきて腫瘍が見つかることが多いのですが、最近は無症状のうちに、MRIなどの検査で見つかることもあります。

実際に脳外科で治療の対象となる転移性脳腫瘍患者数がそれほど多くないのは二つ理由があると思われます。一つは原発巣や脳以外の転移性腫瘍が悪化して、脳転移に気付かれない場合です。もう一つは転移性腫瘍が小さくて無症状のため気付かれない場合です。後者のようなケースでは、最近発達してきた定位放射線治療(ラジオサージェリー、ガンマナイフなど)が有効な治療法となります。

転移性脳腫瘍の治療

転移性脳腫瘍の治療は、原発巣の状態がどうなっているか、他の臓器に転移がないかなど、全身状態を考えて選択することになります。

全身状態が良好で転移性脳腫瘍が一つの場合には原則として手術で摘出し、その後放射線治療、化学療法を行います。腫瘍が多発性の場合には放射線、化学療法が主となりますが、腫瘍の大きさが3センチ以下の場合にはラジオサージェリーが有効です。

通常の放射線治療では少量の放射線を20~30日かけて照射していきますが、ラジオサージェリーでは線源を動かすことで放射線を小さな腫瘍に集めることが可能となり、治療は1日で終わります。当院でもラジオサージェリーを3年前から稼働しており、良好な治療成績を収めています。従来の放射線治療に比べ、症状の改善が早く現れます。

ラジオサージェリーの対象とならない転移性脳腫瘍に対しては、連日少量の放射線を照射する治療法になります。全身状態が良い場合には、通院での治療も可能です。

こちらもご覧ください

「けんこう家族」第92号(平成21年4月1日)  脳のがん

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です