ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  がんケア  薬剤部
ここから本文です。

薬剤部

薬剤部長  並木路広
薬剤部長  並木路広

がん化学療法と疼痛緩和ケア

[がん化学療法]

薬剤部では、患者さまに、安全かつ適正にがん化学療法を受けていただけるよう、がん化学療法に用いるくすりの調剤と管理を行っています。

1.がん化学療法レジメン

全診療科の各種がんに対する「がん化学療法レジメン」を管理しています。
がん化学療法レジメンは、化学療法の薬品名、用法・用量、投与スケジュール、副作用対策、実施上の留意点などを規定しています。
薬剤部では、各診療科のがん化学療法レジメンについて、文献調査などによる情報収集と管理をしています 患者さまが受けられる化学療法は、当院に設置されている「がん化学療法管理委員会」で審査し承認された、適正ながん化学療法レジメンに則って実施されるものです。

(図) がん化学療法レジメン

(図) がん化学療法レジメン

2.がん化学療法薬の調剤(その1)

(写真1) 取り揃え

(写真1) 取り揃え

医師の処方に基づき、薬剤師は、がん化学療法レジメンを確認し、投与スケジュール、用法・用量など処方内容を鑑査した上で、がん化学療法に用いる注射薬の取り揃えを行っています。

3.がん化学療法薬の調剤(その2)

医師は、患者さまの治療開始当日の状態を診察や臨床検査値により確認し、化学療法の実施や投与量の変更などについて最終判断します。

薬剤師は、病棟にある薬局(サテライトファーマシー)にて、バイオハザード対策用キャビネット(化学療法薬専用の無菌空間をつくる装置)を使用して、無菌的な操作により、1回投与分毎の注射薬の混合を行っています。

化学療法薬の投与量は、患者さまごとの身体の体表面積(身長と体重から算出します)によって計算されるので、1回の投与量が注射薬の1アンプルや1バイアルということはありません。薬剤師は、化学療法薬を0.1mL単位で精密に秤取って混合を行なうことになります。

外来患者さまが化学療法をされる場合にも、この手順で注射薬の混合を行っています。患者さまに投与開始予定時刻よりも早く来院していただいているのは、当日の臨床検査の実施や投与前の診察、注射薬の混合の時間を確保するためです。ご協力をお願いします。

(写真2)バイオハザード対策用キャビネットでの混合風景

(写真2)
バイオハザード対策用キャビネットでの混合風景

(写真3)混合業務、精密に計量している様子

(写真3)
混合業務、精密に計量している様子

 

4.がん化学療法に用いるくすりの説明

(写真4) 服薬説明

(写真4) 服薬説明

がん化学療法を受けられる入院患者さまや外来患者さまに、治療で使用しているくすりに関する、薬品名、薬効、副作用、注意事項等を説明しています。

5.がん専門薬剤師

がん対策基本法のもと、総合的ながん対策として、社団法人日本病院薬剤師会では、がん薬物療法に精通した薬剤師の育成を目的に「がん専門薬剤師研修事業」が実施されています。当院薬剤部では、薬剤師2名が研修指定医療機関にて3カ月間の研修を修了しています。

疼痛緩和

薬剤部では、患者さまの疼痛を除去して、QOL(Quality of Life:生活の質)が向上されるように、鎮痛薬の調剤と管理を行っています。

鎮痛薬には、内服薬(錠剤、散剤、液剤)、坐薬、貼付薬、注射薬という様々な剤形があります。また、1日2回の投与で効果が1日中続くように設計されているもの、突出する痛みを緩和するためのものなど、薬剤ごとに鎮痛作用の発現時間や作用持続時間に特徴があります。
疼痛の強さや時間帯など患者さまごとの痛みの状態にあわせて、鎮痛薬が処方されます。
医師の処方に基づき、薬剤師は処方内容を鑑査した上で、入院患者さまの内服薬・外用薬を調剤しています。

疼痛緩和ケアチームにも薬剤師が参画し、鎮痛薬の処方設計や鎮痛効果の評価、副作用対策など、患者さま一人ひとりの疼痛緩和を考えています。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です