ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  健康情報  病院だより「けんこう家族」  けんこう家族 第92号  けんこう家族 第92号【5】
ここから本文です。

けんこう家族 第92号【5】

| 目次 |

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の診断について

循環器科 主任医長(部長代理) 深津 徹

循環器科 主任医長(部長代理) 深津 徹

虚血性心疾患は、心臓に栄養を送る冠動脈が、動脈硬化のため、狭窄したり閉塞したりするために起こり、癌や脳血管障害と並んで大変重要な疾患です。

胸痛を訴えて、外来を受診される患者さまに対しては、まず虚血性心疾患の可能性を考える必要がありますが、それ以外の原因によることも多く、診断は必ずしも容易ではありません。

最終的な診断には、カテーテルによる血管造影が必要ですが、入院が必要で、ある程度の侵襲を伴うため、緊急性がない場合は、外来で段階的に検査を行なうのが普通です。

初診外来での、問診と心電図から疑いがある場合は、次の段階として、運動負荷心電図や負荷シンチグラム、およびCTのいずれかを行います。これらにて異常が疑われるときはカテーテル検査が必要となりますが、CTは特に陰性的中率が高いため、CTできれいな画像が得られ、狭窄像などの異常がない場合、カテーテル検査が不要になると考えられます。

虚血性心疾患の診断のながれ
虚血性心疾患の診断のながれ

| 目次 |

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です