ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  健康情報  病院だより「けんこう家族」  けんこう家族 第95号  けんこう家族 第95号【5】
ここから本文です。

けんこう家族 第95号【5】

| 目次 |

円滑な人付き合いをするために 第1回
~生活特徴を知ろう~

精神科部長 亀山 知道

精神科部長 亀山 知道

突然、生活特徴と言われても、何のことかと面食らうと思いますが、むずかしいことではありません。具体例を挙げますので、自分は次の3つのうちのどの時に物事をやる気になるかを考えてみてください。

1 これをやってと異性に頼まれた時
2 これをやったらお金をあげると言われた時
3 これをやったら上司、同僚から褒められ、自分の評価があがる時

異性にものを頼まれてやる気になる人の生活特徴を「色」、お金をもらえるならやろうという気になる人の生活特徴を「金」、自分が周りから認められるためにがんばる人の生活特徴を「メンツ」と呼んでいます。勿論、人間の特徴はそんな単純なものではありません。良い仕事をすれば、上司だけでなく、異性からも認められるし、認められれば給料も上がるというように、「色」「金」「メンツ」は相互に関連したものです。

しかし、ちょっと周りの人のことを考えてみてください。「あいつはやけにプライドが高い」、「あいつは本当にケチだ」、という人が思い浮かぶでしょう。人は皆、そんなふうに、特徴をもっているのです。皆さんは自分の生活特徴はどれだと思いますか?

私は、自分の生活特徴は「色」だと思っています。金に対するこだわりは勿論あるのですが、しかし、女性と食事にいくとなると財布の紐が緩みます。何かを頼まれると、真っ先に謝礼はいくらもらえるかと考える人もいます。私は謝礼のことは頭に浮かびません。どうも私の生活特徴は金ではないようです。メンツの要素もあるのですが、色の要素が強いように思っています。実は最近、自分の生活特徴は色であるということを、痛感させられる出来事がありました。それをご披露いたします。

ある講演会の講師の依頼のメールが届きました。メールの差出人は、鈴木初穂さんという方でした。依頼の電子メールを読んだ時には、忙しいから断ろうと思ったのですが、依頼主が女性なので、受けることにしました。その講演もこの原稿のように、「色」「金」「メンツ」の話から始めようと思っていたので、講演の冒頭、「女性からの依頼だったので、今日の講演をお引き受けした次第です。」と話す予定にしておりました。ところが、講演開始直前に、鈴木初穂さんにお会いしたところ、鈴木初穂さんは男性だったのです。原稿を書き直す時間もなく、「女性からの依頼と思い、お引き受けしたのですが、今お会いした鈴木初穂さんが男性だったのでびっくりしております。」と話し始めたら、会場大爆笑でした。

私のように生活特徴が「色」の人もいますが、若い働き盛りの職業人には、程度の差はあるものの、「メンツ」の人が多いと思われます。そういう同僚、部下とうまく付き合うためには、相手のプライドを傷つけないことがきわめて重要となります。

次回は、相手の「メンツ」に配慮した対処の仕方についてお話しします。

| 目次 |

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です