ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  健康情報  病院だより「けんこう家族」  けんこう家族 第101号
ここから本文です。

けんこう家族 第101号

第101号 平成23年7月1日発行

PDF版はこちら(757KB)

目次 |

目次

健康の話、乳腺の話

外科主任医長 津久井 元

外科主任医長 津久井 元

 こんにちは。読者の半数は男性と思いますので、今日はまず前半私なりの健康の話しをし、それから乳腺の話しをしようと思います。日本は世界の長寿国になりましたがこれが今後続くかと言われると?と感じる医療関係者は少なくないと思います。確かに医療技術は世界トップクラスである事は間違いありません。しかし今の日本人の生活をみていると健康的な生活からだんだん遠ざかっている気がしてなりません。テレビではグルメ番組があふれコンビニはお弁当を買う人であふれています。子供達も外で遊ぶ事が減り夜も遅くまで起きています。でも今長生きをされている人はあの戦争を経験してきた人達です。大変な粗食の時代、不便な時代を過ごしてきたわけです。健康には栄養が必要ですが今の様な飽食や外食の時代を長く過ごす事は決していい事とは思えないのです。そして便利さ優先の近代化による運動不足があります。友人は社会人になって20kgも太ったそうです。グルメによる栄養過多と運動不足のなせるわざと言ってました。
 私が桃源郷と思う位の美しい漁村が南伊豆にあります。長寿村として知られる伊浜という秘境です。ここは山が海へせりだし坂だらけの村です。なぜ長寿かとの理由に海藻を中心とした魚貝類、野菜の食生活と老人でも坂をよく歩く事ではないかとの説があるそうです。そして美しい景色が心を和ませてくれます。まさに現代人に不足した対極の生活ではないでしょうか。人間は動物の一種です。ですから動物の自然な生活から離れれば離れるほど体に不具合を生じるのは当然かもしれません。夜明けとともに起き日没とともに寝る生活がいいそうですが実生活ではそうもいきませんね。休日にはそういう生活をするのもいいかと思います。中高年に人気の登山などまさにそうで健康にもいいレジャーですね。最近山ガールがブームのようでますます女性は長生きしそうな気がします。今節電で駅のエスカレーターが止まったりしてますが体にはいいと思い直して足で登ってください。とにかく自然のもの(加工食品でない)中心の食事を心がけ体をよく動かす生活がいいと思います。昔からのお母さんの手料理(京都で言うおばんざい)の様な食事が体には一番でしょう。少し生活習慣を変えてみるのもどうですか?

乳腺外来と検査

 次に後半の乳腺外来の話をしたいと思います。乳腺に関する一般診察を担当します。月曜と木曜が専門外来日となり、月曜は女性医師が担当します。ただ検診等は他の曜日でも受診できます。受診の流れですが検診の場合超音波検査とマンモグラフィー検査を予約する事になります。検査は予約日ですが同時に施行可能です。結果を後日外来で説明する事になります。問題無ければ通常1~2年後のフォローアップで十分です。気になる所見が見られた場合はMRI検査で更に詳しく調べてみます。その結果腫瘤の組織を検査した方がいい場合は超音波で見ながら組織を採取します。局所麻酔をして細い針を腫瘤に刺し組織を採取してきます。組織検査の結果良性であればフォローアップ(期間はMRIなどの結果によります)、悪性の診断であれば手術治療になります。

乳腺腫瘤とは

 いわゆるしこりと感じるものには主として乳腺症、嚢胞、線維腺腫、癌などがあります。乳腺症は乳腺の増殖がアンバランスの状態で腫瘤ができている訳ではありません。嚢胞は液体の貯まった袋です、線維腺腫は良性の腫瘍で大きくなる事もあります。以上は良性疾患で通常経過観察となります。癌の場合は手術治療となります。

入院手術

 手術には乳房温存手術か全摘術が施行され半数以上の症例で温存手術が施行されています。温存手術の適応は病変の存在範囲と御本人の希望と合わせて決定します。いずれの手術も入院期間は約1週間です。但し温存手術の場合は術後放射線治療を外来で5週間するのが標準治療となります。通常手術の前日に入院して翌日手術になります。術後は翌日から普通に食事も歩行もできますので体力的には心配いりません。退院後も殆ど通常の生活ができます。当院には患者さまの会もあり外来、病棟に案内が置いてあります。御質問等ありましたら外科外来にお気軽にいらしてください。

診療の流れ(日本乳癌学会ガイドラインより)

診療の流れ(日本乳癌学会ガイドラインより)

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です