ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  各科専門外来のご案内  ヘルニア外来(一般・消化器外科)
ここから本文です。

ヘルニア外来(一般・消化器外科)

太もものつけ根(鼠径部)が「ちょっとふくらんでる」、「つっぱる」、「痛い」といった症状はありませんか?

対象者 上図のような症状にお心当たりの方
担当者 奥田 医師(一般・消化器外科)
外来日 毎週火曜日 午後
(学会等により診療日が変更になることがあります。お手数ですが「外来医師担当表」でご確認ください。)
受診方法 原則として予約制(予約方法は、外来予約と同様です)

鼠径ヘルニアとは

鼠径ヘルニア(脱腸)は本来なら、お腹の中にあるはずの小腸などの一部が、太ももの付け根(鼠径部)の筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気です。

立った時とかお腹に力を入れた時に、鼠径部がふくらんでくることで気付き、ときに痛みや違和感を伴います。腸が脱出したときに腸閉塞を起すことがあります。そのようなことが起こらないように手術をして治しておきましょう。

ヘルニアは自然には治りません。

イラスト

一般・消化器外科ページへ

各科専門外来のご案内へ

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です