ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  診療科のご案内  病理診断科
ここから本文です。

病理診断科

病理科部長  田村 浩一 病理科部長  田村 浩一

「○○の病理」というのは、本のタイトルなどでも目にしますが、病院にある「病理科」というのは、あまり皆さんに馴染みがないと思います。(電話で「料理科??」と間違えられることすらあります。)私たち病理医は、病院の中で患者の皆さまと直接お会いすることがほとんどない医師なのです。

病理学とは、「人はなぜ病気になるの?(病の原因)」「病気ってなに?(病の本態)」「病気になるとどうなるの?(病の転帰)」を研究する学問です。亡くなられた方を解剖し、肉眼的に観察するだけでなく、顕微鏡を使って「どこが正常と違っているか?」を調べるうちに、生きている方から組織の一部を取って病気の診断ができるようになってきました。これが「病理診断学」であり、病理科ではさまざまな方法で採取された病気の部分を観察して「最終診断」を下す仕事をしています。

病理診断には大きく分けて(1)細胞診(断)、(2)生検組織診断、(3)手術で摘出された臓器・組織の診断、(4)手術中の迅速診断、(5)病理解剖があります。

一般の方々へ

臨床医の方々へ

医療関係の方々へ

学生・臨床研修医の方々へ

書籍発行

東京逓信病院編著「身近な病気がよくわかる!病気&診療 完全解説BOOK」執筆内容

アンケートにご協力ください

皆様にとって、より使いやすいホームページにするため、是非ご意見をお聞かせください。

<ご覧いただいているこのページについてお尋ねします>

このページは役に立ちましたか?

役に立った
ふつう
役に立たなかった

このページの表現やレイアウトは、分かりやすかったですか?

分かりやすかった
ふつう
分かりにくかった

このページの情報は探しやすかったですか?

探しやすかった
ふつう
探しづらかった

このページの情報量は適当ですか?

適当
詳しすぎる
足りない

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です