ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  眼科  白内障手術の合併症
ここから本文です。

白内障手術の合併症

手術自体は昔と比べて飛躍的に安全になりましたが、合併症がゼロではありません。中でももっとも深刻な合併症が「感染性術後眼内炎(かんせんせいじゅつごがんないえん)」です。これはばい菌が目の中で増殖して眼の組織を溶かしてしまう恐ろしい合併症で、全国平均で2000件に1件起こるといわれています。残念ながら、現在の医療レベルではこの合併症を完全に予防することはできません。そこで、頻度としては少ないのですが、治療の時期を失すると失明してしまいますので、当院では早期発見のために、手術前日入院、手術翌々日退院の3泊4日の入院手術のみおこなっています。
そのほかの白内障手術の合併症としては、水晶体嚢が破れる(破嚢)、チン小帯断裂(水晶体嚢を支えている部分が弱くて切れてしまう)、出血、網膜剥離、角膜混濁、眼内レンズの位置ずれ、その他があります。
手術後時間が経ってからの晩期合併症として、後発白内障(こうはつはくないしょう)があります。これは、眼内レンズを入れた水晶体後嚢が再び混濁して起こります。約20%の方に起こるといわれていますが、治療はYAGレーザー(やぐれーざー)で混濁した水晶体嚢を破って透明にすることができますので、入院の必要はなく、通院で行うことができ、痛みもありません。


ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です