ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  眼科
ここから本文です。

眼科


眼科部長  松元 俊 院長補佐兼眼科部長  松元 俊

眼科では、屈折矯正手術、コンタクトレンズ診療以外のほとんどすべての眼科疾患を対象としています。手術は白内障・緑内障・糖尿病網膜症・網膜剥離・斜視などに力を入れています。

白内障手術は、小切開創白内障手術が主体で、術後視力の回復が早く、患者さまに喜ばれています。ただし、術後感染の予防目的で、片眼4日間の入院手術のみとしています。

硝子体手術網膜剥離手術は、手術中の苦痛を考慮して全身麻酔下の手術を第一選択としています。

また、患者さまの負担を軽減するために必要な症例では、白内障との同時手術を積極的に行っています。

さらに、平成18年8月より加齢性黄斑変性症に対する光線力学的療法(PDT)を、平成20年6月より抗VEGF療法を開始し、良い成績を収めています。

専門分野

眼科では、屈折矯正手術・コンタクトレンズ診療以外のほとんどすべての眼科疾患を対象に診療しています。

松元(部長)は、緑内障を専門とし、都内のみならず全国から緑内障患者さまの紹介を受けています。

善本(主任医長)は、糖尿病網膜症などの眼底出血を起こす疾患を専門とし、レーザー治療・硝子体手術・PDT療法・抗VEGF療法・トリアムシノロン注射療法など、個々の患者さまに合った様々な治療方法を組み合わせて視力回復に努めています。

主な対象疾患

スタッフ紹介

院長補佐兼部長
松元 俊
(まつもと しゅん)
経験年数:
38年
専門分野:
緑内障、網膜剥離、硝子体
資 格 等:
日本眼科学会専門医・指導医
眼科PDT療法認定医
ボトックス治療認定医
主任医長
善本 三和子
(よしもと みわこ)
経験年数:
28年
専門分野:
網膜、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症、白内障、眼瞼
資 格 等:
日本眼科学会専門医・指導医
眼科PDT療法認定医
ボトックス治療認定医
大島 博美
(おおしま ひろみ)
経験年数:
13年
専門分野:
網膜、白内障
資 格 等:
日本眼科学会専門医・視覚障害者用補装具適合判定医師
ボトックス治療認定医
愛新覚羅 維
(あいしんかくら い)
経験年数:
11年
専門分野:
角膜、眼瞼、白内障
資 格 等:
日本眼科学会専門医
ボトックス治療認定医
橋本 洋平
(はしもと ようへい)
経験年数:
5年
専門分野:
黄斑疾患、白内障
資 格 等:
ボトックス治療認定医

(平成29年4月1日現在)

主な治療方法・クリティカルパス

主な治療の入院日数・料金

 疾患名パス名入院日数料金(3割負担)
白内障白内障 4日 90,000円
加齢黄斑変性症抗VEGF抗体療法 2日 85,000円
※料金は3割負担の場合のめやすを示しています。

主な検査・診断方法

認定施設

実績


平成27年度平成26年度 平成25年度
延べ外来患者数(人)
18,975
18,398
16,746
延べ入院患者数(人)
3,031
2,809
2,640
手術件数(件)

白内障手術
513
498
459
緑内障手術
46
56
35
硝子体手術
36
26
30
網膜復位手術
4
2
3
眼瞼手術
5
8
5
その他
10
6
12
硝子体注射
246
225
137

外来医師担当表

各医師の外来診療予定日です。

外来医師担当表

東京逓信病院のがんケア《眼科のページ》

東京逓信病院のがんケア《眼科のページ》

当院形成外科・がん専門病院と連携したがん治療を行います

けんこう家族掲載記事

第125号 平成29年7月1日発行

『当院の多焦点眼内レンズ手術が「先進医療」に』
院長補佐・眼科部長 松元 俊

第122号 平成28年10月1日発行

『多焦点眼内レンズ手術を開始しました!』
院長補佐・眼科部長 松元 俊

第102号 平成23年10月1日発行

『OCT-多くの網膜の病気や緑内障の診療に役立つ』
眼科 医長 善本 三和子

第95号 平成22年1月1日発行

『合併症の少ない緑内障レーザー治療(SLT)』
眼科 部長 松元 俊

アンケートにご協力ください

皆様にとって、より使いやすいホームページにするため、是非ご意見をお聞かせください。

<ご覧いただいているこのページについてお尋ねします>

このページは役に立ちましたか?

役に立った
ふつう
役に立たなかった

このページの表現やレイアウトは、分かりやすかったですか?

分かりやすかった
ふつう
分かりにくかった

このページの情報は探しやすかったですか?

探しやすかった
ふつう
探しづらかった

このページの情報量は適当ですか?

適当
詳しすぎる
足りない

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です