ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  眼科  網膜剥離について  網膜剥離とは?
ここから本文です。

網膜剥離とは?

 眼球の内側には「網膜」という薄い膜があり、目の中に入った光は網膜のうえに像を結びます。網膜に映った像は視神経を通して、大脳の視覚野と言う部分へ伝わり、ものの形や色を認識できるようになります。このように、モノを見るうえで最初に情報をとらえるのが網膜ですので、網膜はとても重要な部分です。特に網膜の中央部は「黄斑(おうはん)」と呼ばれ、ものを見るための細胞(「視細胞(しさいぼう)」)がたくさん集まっています。網膜にも血管があり、そこから延びる毛細血管から栄養分を供給されていますが、「黄斑」では視細胞をたくさん揃えて視覚の感度を非常に高くしているために、血管が通る場所がありません。そのため、網膜の黄斑は網膜のすぐ外側にある脈絡膜(みゃくらくまく)やその内側の網膜色素上皮(もうまくしきそじょうひ)から栄養分を受け取っています(図1)。
 網膜剥離(もうまくはくり)とは、網膜が網膜色素上皮からはがれることを言います。原因には大きく分けて、①網膜に穴が開く「裂孔原性網膜剥離(れっこうげんせいもうまくはくり)」(図2)と、②網膜に穴は開いていない「非裂孔原性網膜剥離(ひれっこうげんせいもうまくはくり)」の2種類があります。さらに、「非裂孔原生網膜剥離」の原因として、網膜と脈絡膜の間に水分が溜まる「滲出性網膜剥離(しんしゅつせいもうまくはくり)」や網膜が病的な組織で内側に引っ張られて剥離する「牽引性網膜剥離(けんいんせいもうまくはくり)」があります。
 ここでは、裂孔原性網膜剥離について解説します。

図1 眼球の断面
図1 眼球の断面

図2 網膜裂孔の模式図
図2 網膜裂孔の模式図

 網膜に裂け目(裂孔)ができると、そこから水分が網膜の裏に回り、網膜が剥がれてきます(網膜剥離)。網膜剥離は、この裂孔を塞がないと治りません。


ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です