ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  眼科  網膜剥離について  網膜剥離の治療
ここから本文です。

網膜剥離の治療

 網膜剥離の治療は手術だけですが、網膜裂孔の状態でまだ網膜がそれほど剥がれていない場合は、網膜が剥がれないようにレーザー光線を当てるだけで済む場合があります(網膜光凝固術 )。
 すでに網膜剥離が起こってしまった場合は、強膜バックリング手術硝子体手術を選択します。いずれの術式でも約2週間の入院が必要です。

 当院では、患者さんの希望・年齢・白内障の程度・網膜裂孔の位置や状態・網膜剥離の状態などを総合的に検討して、術式を決定します。手術の麻酔方法についても局所麻酔か全身麻酔かは患者さんと相談のうえ決定しています。
 網膜裂孔を閉鎖する治療を行ってから、網膜が完全にくっつくまで約2週間かかります。その期間は入院となります。網膜剥離がまだ裂孔の状態にとどまっていれば、レーザー光線だけで済みますので、自宅安静だけで入院が必要ない場合もあります。
 


ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です