ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  診療科のご案内  放射線科  上部・下部消化管造影検査
ここから本文です。

上部・下部消化管造影検査

放射線科では主にバリウムを使った上部(胃、食道)・下部(大腸)の造影検査を行っています。胃、食道はバリウムを飲んでいただき食道壁、また胃壁にバリウムをきれいに付着させ、主にポリープをはじめ、がん、炎症性病変など調べる検査です。大腸検査は肛門からバリウムを注入し、上部消化管と同様に検査を行います。

当施設にはデジタルが搭載されている最新装置が2台配備されており、画像が鮮明に描出されます。

消化管透視装置
消化管透視装置
上部消化管バリウム造影検査
上部消化管バリウム造影検査
 

放射線科のページへ戻る

次のページへ

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です