ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  診療科のご案内  耳鼻咽喉科  慢性副鼻腔炎(蓄膿症)  当院での入院、手術について
ここから本文です。

当院での入院、手術について

当院で副鼻腔炎の手術を行う場合、約1週間前後の入院となります。 手術前日に入院していただき、翌日に全身麻酔で手術を行います。(寝ている間に手術はおわります。)手術時間は病変に応じて1-3時間程度になります。 手術後は3時間程度で歩行をしていただき、当日の夕食より食事を再開します。その後鎮痛剤等をもちいて経過観察をしていきながら、術後3-5日程度で手術部位のガーゼをとり(ガーゼがある場合)、問題なければ退院となります。 退院後は傷の観察のために数回は通院していただきます。

当院での治療の特徴: 当院では年間約100例の副鼻腔の手術を行っております。最新の機械を用いて、手術を行います。手術後も痛みの軽減をめざし、なるべくガーゼは挿入しないようにしております。またなるべく短期の入院期間を目指しております。


ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です