ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  診療科のご案内  麻酔科
ここから本文です。

麻酔科


院長補佐兼麻酔科部長  平石 禎子 院長補佐兼麻酔科部長  平石 禎子

麻酔は、単に痛みや意識を取り除くばかりではなく、手術中の患者さまの生命の安全を確保するための全身管理という重大な責務を担っています。我々スタッフ一同、患者さまの手術中の生命の安全を保障すべく日々奮闘、努力しています。当院での麻酔事故は約30年間ありません。スタッフは全員麻酔専門医で、術後経過にも配慮した丁寧な麻酔を心がけています。

また、麻酔科外来では痛みを取り除くという麻酔科の特徴を生かしたペインクリニックも行っています。難治性のあらゆる痛みの診療を行っています。

平成19年度からは、悪性腫瘍による痛みの治療(緩和医療)にも緩和ケアチームの一員として、力を入れています。

専門分野

痛みの原因は多岐にわたりますが、当科ではあらゆる痛みを総合的に診断し治療をしています。時には痛みの原因が不明の場合もありますが、痛み治療を第一に行なうのが特徴です。外来の患者さんを疾病別でみますと、帯状疱疹後神経痛、椎間板ヘルニアや脊椎の変形による頸部、肩、腰、下肢の痛みが最も多く、癌性疼痛、三叉神経痛なども診療しています。原因疾患によっては皮膚科、整形外科や脳神経外科と共同で診療を行います。治療は神経ブロックも行いますが、非侵襲性のレーザー治療、薬物治療など総合的に行っています。また薬物治療は、痛みの原因に合った鎮痛剤を処方するようにしています。
 緩和医療に関しては、単に悪性腫瘍による痛みを取り除くばかりではなく、スタッフと家族が一致協力して、患者さまがより充実した日々を過ごされることを第一の目的にしています。

主な対象疾患

スタッフ紹介

院長補佐兼部長
平石 禎子
(ひらいし ていこ)
経験年数:
37年
専門分野:
臨床麻酔、ペインクリニック、緩和ケア
資 格 等:
麻酔標榜医
日本ペインクリニック学会専門医
日本麻酔科学会指導医
主任医長
田代 典子
(たしろ のりこ)
経験年数:
27年
専門分野:
臨床麻酔、ペインクリニック、漢方治療
資 格 等:
麻酔標榜医
日本麻酔科学会認定医
日本医師会認定産業医
日本東洋医学会認定医
主任医長
大辻 幹哉
(おおつじ みきや)
経験年数:
 20年
専門分野:
臨床麻酔
資 格 等:
麻酔標榜医
日本麻酔科学会専門医
医長
藤原 治子
(ふじわら はるこ)
経験年数:
24年
専門分野:
臨床麻酔(特に心血管系、肺手術の麻酔)
資 格 等:
麻酔標榜医
日本ペインクリニック学会専門医
日本麻酔科学会指導医
日本医師会認定産業医
医長
星山 秀
(ほしやま しゅう)
経験年数:
19年
専門分野:
臨床麻酔
資 格 等:
麻酔標榜医
日本麻酔科学会専門医

松村 典子
(まつむら のりこ)
経験年数:
11年
専門分野:
臨床麻酔
資 格 等:
麻酔標榜医
日本麻酔科学会専門医

河村 研人
(かわむら けんと)
経験年数:
4年
専門分野:
臨床麻酔
資 格 等:
麻酔標榜医
日本麻酔科学会認定医
非常勤医師
鈴木 正寛専門治療:緩和ケア

(平成29年6月22日現在)

主な治療方法・クリティカルパス

主な検査・診断方法

認定施設

実績

【主な治療件数】(平成27年度)
件数/週
治療名
件数
硬膜外ブロック6
星状神経節ブロック7
肋間神経痛ブロック3
トリガーポイントブロック15
坐骨神経痛ブロック4
仙腸関節ブロック5
神経根ブロック0
頸神経叢ブロック
 4
三叉神経ブロック 2
薬のみ
 5
緩和医療
 4

 平成27年度の麻酔科外来(ペインクリニック)を受診した延べ患者数は1,927人、初診患者数は95例でした。

 疾患の主な内訳は、頸椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などの脊椎疾患由来の頸、肩、上肢痛、肩凝り、腰下肢痛が最も多く、ついで帯状疱疹後神経痛でした。

 当科が特に力を入れている分野は、帯状疱疹後神経痛や脊椎由来性疼痛などの何らかの神経の損傷が起因する神経因性疼痛です。通常の鎮痛薬ではあまり効かないとされているこれらの痛みに対して、ブロックやレーザー治療を用いるばかりでなく、リリカや抗鬱薬などの鎮痛補助薬やトラムセット等の鎮痛薬を効果を見ながら組み合わせることによって、今まで何をやっても痛みが軽減することが無かった症例に対しても、日常生活が可能となるまで改善するようになってきています。また、痛みは外見からは見えないため、周囲の無理解などにより、孤独な戦いを強いられるため、これらの精神的ストレスに対して、支援し支え続けることが、日常の診療において最も重要だと考えています。

 入院体制を整え、外来ではできない治療や、ご高齢、ご遠方の患者さんに対しても、積極的に治療できるようになっています。また、種種の不定愁訴に対して漢方治療も好評です。平成18年度より緩和ケアチームが創設され、癌性疼痛で苦しんでおられる患者さんを院内、院外問わず積極的に支援しています。平成25年度からは、緩和ケア病棟(16床)が開設され、診療にあたっています。院内の患者さんが中心ですが、地域医療期間からの紹介患者さんも受入れています。

相談件数(件)平成26年度平成26年度 平成25年度
全身麻酔等麻酔科関連症例2017
1785
2168

外来医師担当表

外来医師担当表

各医師の外来診療予定日です。

東京逓信病院のがんケア《麻酔科/緩和ケアチームのページ》

東京逓信病院のがんケア《麻酔科/緩和ケアチームのページ》

痛みでつらい思いをされている皆さまへ

アンケートにご協力ください

皆様にとって、より使いやすいホームページにするため、是非ご意見をお聞かせください。

<ご覧いただいているこのページについてお尋ねします>

このページは役に立ちましたか?

役に立った
ふつう
役に立たなかった

このページの表現やレイアウトは、分かりやすかったですか?

分かりやすかった
ふつう
分かりにくかった

このページの情報は探しやすかったですか?

探しやすかった
ふつう
探しづらかった

このページの情報量は適当ですか?

適当
詳しすぎる
足りない

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です