ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  診療科のご案内  リハビリテーション科  ボツリヌス毒素療法(ボトックス®治療)のご案内
ここから本文です。

ボツリヌス毒素療法(ボトックス®治療)のご案内

ボツリヌス毒素療法(ボトックス®治療)とは

 脳卒中や脊髄損傷に代表される神経の病気では、運動機能障害のひとつに痙縮(意図していないのに筋肉が強く緊張してしまう・つっぱる状態)という症状があります。筋肉が緊張しすぎて手足を動かしにくくなったり、筋肉に痛みがでたりします。生活の妨げになることもあります。

 ✔ 脇が閉じたり、肘が曲がったりして、着替えに時間がかかる
 ✔ 手首が曲がり、着替えをするとき、袖に手を通しにくい
 ✔ 指が伸びずに、爪を切りにくい
 ✔ 手のひらを洗うのに苦労する
 ✔ 足の関節がガクガクと震えて困る
 ✔ 歩いていると、腕が上がってくる
 ✔ 足のかかとが浮いて、歩きにくい
 ✔ 歩くとき、足の指が曲がって痛い
 ✔ 足がねじれて、靴や装具が履きにくい、歩きにくい
このような症状に悩んでおられませんか?

 ボツリヌス毒素療法は、ボツリヌス菌が作り出すタンパク質が、筋肉に分布している神経の働きをブロックすることを利用して筋肉の過度の緊張・つっぱりを和らげる治療法です。
 痙縮が起きて、手足の動きや日常生活に悪影響を与えている筋肉に、「ボツリヌス毒素製剤」を注射することにより、痙縮の症状を抑える治療法です。

治療の流れ

 当院では、上下肢へのボツリヌス毒素療法を行っています。
 治療の前に診察をし、ボツリヌス毒素療法を行ってよいかどうか、行う場合どの筋肉に打つのかなどご相談します。治療に同意された場合、注射の予約をいたします。
 注射の効果は3~4ヶ月持続しますので、その間によく運動やストレッチを行う必要があります。生活スタイルにあわせて、リハビリテーションのご相談をいたします。ボツリヌス毒素療法に使うお薬は使う日時を指定して、製薬会社から取り寄せる必要がありますので初診日にすぐに打つことができません。また治療には保険がききますが、注射の本数により3割負担で15,000円~75,000円ほどと高額になりますのでご注意ください。

治療スケジュール例

ボツリヌス毒素療法とリハビリテーションを組み合わせて治療することにより、以下のような効果が期待できます。

 ◆ 手足の筋肉が柔らかくなり、動かしやすくなることで日常生活が改善される
 ◆ 関節が固まって変形するのを予防することが出来る
 ◆ 介護の負担が軽減される
 ◆ リハビリテーションを行いやすくなる
 ◆ 筋肉のつっぱりを和らげることにより、痙縮による痛みを緩和させる


脳卒中などの後遺症により、手や足の筋肉につっぱりのある患者さんがおられましたら、お気軽にご相談ください。
ボツリヌス毒素療法の適応になるかどうかのご相談だけでも承ります。

予約について

 予約センター(03-5214-7381)で、「手/足のボトックス治療希望」とお伝えいただき、リハビリテーション科の診察予約をお取りください。原則としてかかりつけ医の紹介状が必要です。紹介状がなくても診察は可能ですが、初診の方は選定療養費として別途3,240円(税込)がかかりますのでご了承ください。

リハビリテーション科のページへ

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です