ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  診療科のご案内  整形外科  整形外科と超音波
ここから本文です。

整形外科と超音波

超音波検査は内科や産婦人科の診療では以前から利用され、実際に検査を受けたことのある方も多いと思います。
これまで整形外科ではあまり使われていませんでしたが、最近では性能が非常によくなったため、整形外科でも超音波を利用した診療が行われるようになってきました。
当科でも超音波の専門外来を開設し、筋肉・靱帯・神経などの病気やけがでお困りの患者様の診療に役立てています。

超音波の特徴

動くものが見える
レントゲン、CT、MRIなどは体を動かないようにして撮影します。超音波では動くものをそのまま見ることが出来るので、関節などの動く部分の異常を調べることができます。
細かいものが見える
最新の装置では1㎜以下のものも見えるので、細かい血管や神経を調べることができます。
注射を正確に安全にできる
整形外科の治療ではいろいろ部位に注射をします。超音波を使えば、目的の場所に正確に注射できるだけでなく、神経や血管など大事な組織を傷つける危険を少なくできます。
リウマチの早期診断ができる
超音波は血流の状態を見ることができるので、関節リウマチを早く見つけるのに役立ちます。
放射線を使わない
放射線とはまったく違うものなので、妊婦さんなど放射線が使いにくい方にも安心して使えます。
骨折が治るのを早める
検査とは別に、超音波には骨折した部分に骨が出来るのを刺激する作用があり、治りにくい骨折に用いられています。

超音波診断の対象となる病気やケガ

代表的な病気やけがを挙げますが、これら以外でも対象となるものはありますので、担当医にご相談下さい。

ばね指と超音波

指を曲げ伸ばししようとすると、スムースにいかず、ひっかかってガクッとなる症状をばね指といいます。指の腱鞘炎によるもので、仕事などで手をよく使う方の他、中高年の女性にも多いのが特徴です。自然に治ることも多いのですが、時間がかかるため、早い回復を希望される方にはステロイド剤の注射がよく行われています。しかし普通のやり方では、薬がどこに入っているか見えないため、注射するステロイド剤の量が多くなるという欠点があります。
当科では超音波画像を見ながら正確に注射を行うことで、少ない量のステロイド剤で確実に効果をあげる工夫をしています。

超音波診療の様子
超音波診療の様子

超音波ガイド下の注射
超音波ガイド下の注射

ばね指の超音波画像(指を横から見た像)/ばね指の超音波画像(指を輪切りにした像)

 

超音波外来の受診をご希望される方へ

運動器超音波外来(担当医:伊藤、原則再診のみ)を月曜午後に開設している他、一般外来でも超音波を利用した診察を受けることができます。初診の方は、まず伊藤医師一般外来(火・水午前)のご予約をお取りください。

掲載情報

オムロンヘルスケア株式会社ウェブサイト「健康コラム」にて伊藤医師監修の『手の診療に活用 有用性が高まる超音波』別ウィンドウで表示します。が掲載されています。 ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です