ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  防災訓練の実施
ここから本文です。

防災訓練の実施

平成26年10月20日、震度6強の直下型地震が発生したとの想定で、職員の更なる防災意識を高めるため、「情報収集・伝達」、「患者搬送」及び「トリアージ」を主とする「防災訓練」を実施しました。
当日は、麹町消防署からもお越しいただき、訓練の様子をご覧いただく中、当院職員をはじめ、各種店舗や委託先など、当院で勤務する方々や、富士見二丁目町会の皆さまにも参加いただき、本番さながらの真剣な訓練が行われました。

防災センターからの「地震発生」の放送の後、院長を本部長とする「災害対策本部」を設置し、各部門・各部署においては、災害対策マニュアルに基づき、迅速かつ落ち着いて行動するとともに、人的・物的被害状況について、災害対策本部への報告を行いました。
患者搬送訓練では、看護師だけでなく薬剤師、臨床検査技師、放射線技師など各部門の医療スタッフが協力して簡易担架等による搬送を行いました。

また、トリアージ訓練では、富士見二丁目町会の皆さまに模擬患者としてご協力いただき、大きな混乱もなく無事実施することができました。

訓練終了後に行われた講評・反省会では、麹町消防署から「しっかりと計画を立てて訓練されており、特にトリアージ訓練は良かった」との講評をいただきました。

今回の反省等を踏まえ、これからも病院としての使命、役割を果たすため、災害発生時等の適切な対応に努めてまいります。

実際の搬送訓練
実際の搬送訓練

トリアージ訓練
トリアージ訓練

 
ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です