ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  各種検診のご案内  乳癌検診について
ここから本文です。

乳癌検診

検診開始の年齢

40歳を過ぎたら、画像検査を含む検診を定期的に受けるようにといわれています。日本では、40歳代で乳がんにかかる人が多いことからです。厚生労働省の自治体検診を見直す検討会では、この度、対象年齢を40歳以上とし、30歳代の検診廃止を提言しました。しかし、20代、30代で乳がんが発見される人もいます。検診開始年齢は、自己検診と併せて、自分で決めてもかまいません。以下のような方は、40歳より早めにスタートしてもよいでしょう。

検診の実施場所

自治体や職場の検診を利用したり、医療施設に自ら行ってみることもできます。

検診の内容

定期検診では、<問診>・<視診>・<触診>・<画像検査>が行われます。画像検査は、早期発見に必要だとされていますが、長所と短所があり、マンモグラフィ検査も万能ではありません。特徴を知って受ける必要があります。

<問診>
月経周期、初潮・閉経時期、未婚・既婚、妊娠・出産経験の有無、病歴、家族歴、気がかりな症状などについて聞かれます。
<視診>
乳房の形、左右の対称性、ひきつれ、陥没、皮膚の変化などを観察します。
<触診>
座った状態と仰向けになった姿勢の両方で行いますが、自治体検診などの場合は、座った姿勢だけのこともあります。ドクターが、指で乳房全体を軽くタッチしながら「しこり」や異常がないかを確かめます。わきの下のリンパ節も触診します。
<画像検査>
  • 1)マンモグラフィ検査
    乳房専用のX線撮影装置を使った検査。アクリルの圧迫板で、乳房を片方ずつ挟み込んで、縦の1方向または縦横の2方向から撮影します。乳腺の密度が濃くない50歳以上で、早期発見の貢献度が高いです。
  •   ===長所===

    • 超早期の発見
      小さなしこりや乳がんの初期症状である「微細な石灰化」をうつし出し、超早期に発見することができます。

      ===短所===

    • 乳房を挟むときは、痛い!
      乳房を圧迫して、できるだけ薄く引き延ばします。少ない放射線でしこりをはっきり写すためです。
    • 微量の放射線被爆がある
      1回の撮影で浴びる量は、東京からニューヨークへ飛行機で行くときに浴びる自然の放射線量と同じぐらいといわれています。ただし、妊娠中は、検査を受けられません。
    • 30歳代以下の乳房では、しこり発見が難しい
      若い乳房は、乳腺が発達していて濃度が高いため、乳房全体が白っぽく写り、しこりが隠れて発見しにくくなります。

      ===留意点===

      • マンモグラフィは、装置の精度、技師の撮影の仕方、医師の読影力(画像を見て異常があるかないかを判断する能力)などで結果が左右される検査です。
        マンモグラフィ検査の認定を受けている医師や技師、施設で検査を受けるほうが安心です。
  • 2)超音波(エコー)検査
    乳房に超音波を当て、反射してくる波(エコー)を画像化し、その様子を診る検査です。横になり、乳房にゼリーをぬって(すこしヒンヤリ)から、乳房の上で超音波を出す機械を動かします。

  •    ===長所===

      • 非触知のがん発見
        手に触れないごく小さなしこりを見つけることができます。
      • 若年者にも有利な検査
        乳腺の密度が高くマンモグラフィでは発見しにくい若年者(20代~30代)のしこりもうつし出すことができます。
      • 検査中の痛みや被爆なし

      ===短所===

      • マンモグラフィで見つかるような微細石灰化を見つけるのは難しいです。

      ===留意点===

      • エコー画像も医師の読影力で結果が左右されます。
ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です