ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  けんこうアドバイス  健康の豆知識  食中毒の予防について
ここから本文です。

食中毒の予防について

 食中毒とは飲食物を摂取することによって引き起こされる、急性の胃腸炎を主な症状とする病気をいいます。病因物質としては、細菌、化学物質、自然毒があり、食中毒発生件数の約90%以上が細菌によるものです。

食中毒予防の3原則

  1. 清潔
    • 外出から帰宅したときの手洗い、うがいの励行。
    • 調理前にブラシを使って、よく洗う。
    • 調理中も魚介類をさばいた後、肉類を切った後など、次の調理に移る前に石鹸をつけて手をよく洗う。
    • 包丁やまな板など、こまめに洗う。
  2. 迅速
    • 購入した冷凍食品や生鮮食品は、帰宅後、速やかに冷蔵庫・冷凍庫に入れる。
    • 調理したものはすぐに食べる。
  3. 殺菌
    • まな板、包丁、ふきんなどをよく消毒する。
    • 食品の内部まで火がとおるように、よく加熱する。

食中毒予防の6つのポイント

  1. 食品の購入
    • 生鮮食品は新鮮なものを、表示のあるものは消費期限を確認。
    • 肉汁や魚の水分がもれないように、ビニール袋を利用。
    • 生鮮食品を最後に買い、すぐに持ち帰る。
  2. 家庭での保存
    • 冷蔵・冷凍品は、すぐ冷蔵・冷凍庫へ。詰め過ぎに注意(目安7割)。
    • 冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下に。
    • 生鮮食品を扱う時は、事前に手指をしっかり洗う。
  3. 下準備
    • 手をしっかり洗う(準備前、生肉・魚・卵を扱った後、動物にふれたり、トイレ、おむつ交換、鼻をかんだ後など)。
    • 包丁、食器、まな板、ふきん、たわし、スポンジなどは、使用後、洗剤と流水でよく洗う。
  4. 調理
    • 台所を清潔に、タオルやふきんを清潔なものに交換。手を洗う。生の肉や魚を切った包丁やまな板は、よく洗った後、熱湯をかけてから再使用。
    • 加熱して調理するには食品は十分に加熱(中心部の温度が75℃で一分間が目安)。
  5. 食事
    • 食卓につく前に手を洗う。清潔な器具、食器を使う。
    • 調理前、調理後の食品は、室温で放置しない(O157は室温でも15~20分で2倍になる)
  6. 残った食品
    • 残った食品は、きれいな器具、皿で保存(早く冷えるように、浅い容器を使用)。
    • 時間が経ち過ぎたら、思い切って捨てる。
    • 残った食品を温め直す時も、十分に加熱(目安は75℃以上)。
ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です