ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  けんこうアドバイス  健康の豆知識  熱中症について
ここから本文です。

熱中症について

熱中症とは?

高温環境下での労働における熱中症

 職場で発生する熱中症は、屋外で多く発生し、

熱中症の予防策

(1)休憩
 高温環境下で作業中、体調が悪くなった時には、日陰の風通しのよい涼しい所で休憩をとる。
(2)水分補給
 体温を下げるには、しっかりと汗をかくことがとても重要です。汗の原料は血液中の水分や塩分なので、体温調節を行うには汗で失った水分や塩分を適切に補給する事が重 要です。スポーツドリンクが水分補給にはお勧めです。
 のどが渇く前、配達に出かける前から水分補給をしておくことが大切です。特にペットボトルや水筒などを携帯し、すぐに水分補給ができるようにしましょう。
(3)気温
 日中気温が27~28℃あたりから熱中症患者がみられ、31℃を超えると急激に患者数も増加します。しかし気温だけでなく、湿度が高ければ汗が蒸発せず体温が下がりにくくなり、日差しが強ければ(輻射熱)体温が上がる要因になりますので注意が必要です。職場では温度計、湿度計を置くように配慮してください。また、急に暑くなる日や熱帯夜翌日には特に注意が必要です。
(4)個人の条件・・・仕事の前にチェックしましょう!
  • 朝食は食べましたか?
  • 寝不足ではありませんか?
  • 前の晩に深酒してませんか?
  • 風邪で発熱してませんか?
  • 下痢などで脱水症状になってませんか?
 熱中症は健康な人でも起こります。日頃から自分の体調管理に気を付け、体調不良の時は正直に申告しましょう。
(5)職場でのお互いの配慮
 安全衛生管理者は、天気予報に注意し屋外作業の社員に注意を呼びかけて下さい。
ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です