ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  外来診療のご案内  診療科のご案内  外科
ここから本文です。

外科

担当医

診療内容の特色

外科では、胃・大腸・肛門疾患を中心に、肝臓・胆嚢・膵臓を含めた消化器全体、甲状腺・乳腺疾患の診断から治療に至るまで、幅広く 診療しています。

個々の患者さまの病状、病気に見合う術後の生活の質(QOL)の向上が得られる外科治療を目指し、十分な情報提供を行い、Evidence Based Medicine(根拠に基づいた医療)を基に治療を行っています。

治療面では内視鏡機器をはじめ、最新の医療機器を駆使してより安全で痛みが少なく、低侵襲である内視鏡的手術を最優先し、悪性疾患にも適応を拡大しています。機能温存手術(胃、大腸、乳腺)も積極的に施行しています。

各手術については、良質で標準的な術後回復が達成できることを目的に、クリニカルパス(治療のスケジュール表)を導入しています。

当科で作成したクリニカル パスはこちらです

専門外来として、肛門外来、乳腺外来、ストーマ外来、褥瘡外来(ラップ療法)を開設し、随時行っています。

がん検診・住民検診(胃・大腸・乳房・肺)も積極的に実施しており、肛門疾患(痔など)、ヘルニア(脱腸)、胆石症に対しては日帰り及び短期入院(~3 泊4日)手術も可能です。

在宅看護支援としては、内視鏡的胃瘻造設術(PEG)、中心静脈栄養(IVH)ポートの埋め込みなどを行っています。

富山大学医学部第2外科の関連病院として、高度で最先端の医療を提供しています。

新しい創傷治療(閉鎖療法)を行っています。傷を早く治し、趾も目立たせない治療法です。

内痔核に対する新しい注射療法として「ジオン注射」を始めました。

この方法は脱出のみられる内痔核が適応で、痔核に対し「ジオン注」を注入することで、痔核への血流を遮断し線維化させて痔を治す手術法です。「ジオン注射法」は新しい内痔核治療法ですが、今のところ良い治療成績が予測されています。ご希望の方は、診察の上、この療法に適した痔であるか、実際の治療法、副作用や合併症について具体的に説明させていただきます。「ジオン」についてもっと詳しく知りたい方は三菱ウエルファーマ社の HPをご覧ください。

外来受診を希望される患者さまへ

当科では、先進医療をできるだけ患者さまひとりひとりの生活スタイルにあわせて提案いたします。

上記の専門外来受診、ご本人・ご家族からのセカンドオピニオンのご相談など気軽に受診いただけます。


お問い合わせは下記へ。

富山逓信病院 FAX:076-421-3515

※FAXにて、お問い合わせ内容・連絡先をお知らせ頂けましたら、こちらからご連絡させていただきます。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です