ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  外来診療のご案内  診療科のご案内  眼科
ここから本文です。

眼科

担当医

診療内容の特色

眼科では、白内障、緑内障、網膜剥離、糖尿病性網膜症、内斜視、外斜視、ブドウ膜炎、結膜炎、アレルギー性結膜炎、霰粒腫、麦粒腫、眼瞼内反、さかさまつげ、乳児の先天性鼻涙管閉塞症、角膜異物、眼外傷などの診療や、眼鏡の調整、コンタクトレンズの調整などを行っています。

担当医(坂井尚登)から一言メッセージ

皆さんの中で、 次のような症状のある方や、目の手術に対して疑問をお持ちの方は眼科へ相談ください。

目の前を虫が飛ぶ(飛蚊症)、白目が赤い、めやにが出る、目が痛い、目が重い、目がかすむ、視力低下、ものが2重に見える、目がごろつく、涙がでる、涙がでない、虹がかかってみえる、新聞の字が見えない、まぶたが腫れた、まぶたにできものができた、まぶたが赤い、まぶたがけいれんする、目が外側へズレル、目が内側によるなどです。

「老眼鏡は老眼を進行させるのか?」はこちらをご覧ください。

「網膜剥離にならないために」の詳細はこちらをご覧ください。

眼科医療機器のご紹介

現在、設置されている眼科機械は、非接触型眼圧計、ゴールドマン眼圧計、ツアイス細隙燈顕微鏡、眼底カメラ、オートレフケラトメーター、超音波診断装置、自動視野計、ゴールドマン視野計、網膜光凝固装置、超音波白内障手術装置、網膜冷凍凝固装置などで、基本的な眼疾患はすべて診療可能です。

ここがもっと知りたいなどのご要望がありましたらご連絡ください。少しずつ書き加えてより良いものにしていくつもりです。

担当医(坂井尚登)Email:n-sakai@toyama-pth-japanpost.jp

当科で作成した「白内障手術の入院」クリニカルパス

クリニカルパスの詳細はこちらをご覧ください。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です