ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  病院のご紹介  臨床指標
ここから本文です。

臨床指標(クリニカル・インディケーター)

概 要

クリニカル・インディケーター(Clinical Indicator)とは、病院のさまざまな機能や診療実績を数値化し、それらを定期的に評価・分析することで、医療の質の向上を図ることを目的とするものです。
当院では、各診療科の診療実績を公開し、医療の質の向上に努めてまいります。

対 象

各年度4月1日から3月31日までの外来・入院患者です。

年齢階層別退院患者数

診療科別の主要手術件数等

内科

・内視鏡的ポリープ切除術…大腸ポリープに対してポリペクトミー、内視鏡的粘膜切除術(EMR)を行います。

外科

・下肢静脈瘤手術…切除術、硬化療法、血管内焼灼術を行います。
・鼠径ヘルニア手術…メッシュ法などヘルニア手術を行います。
・乳がん検診…当院では40歳未満は乳房エコー、40歳以上はマンモグラフィーにて検診を行います。

産婦人科

・子宮がん検診…基本的には子宮頚部細胞診を行います。希望により子宮体部細胞診を行うこともあります。
・HPV検査…子宮頸がんの原因ウイルスの有無を調べるHPV検査を行います。
・内分泌(ホルモン)検査…更年期症候群、月経異常、不妊症などに対してエストラジオール、プロゲステロン、LH、FSH、プロラクチンなどの内分泌検査を行います。

小児科

・予防接種…公費負担のあるBCGなど及び任意接種であるロタウイルスなど各種ワクチン接種を行います。
・食物負荷試験…アレルギーが確定しているか疑われている食物を摂取させ、症状の有無を確認する負荷試験を行います。
・成長ホルモン分泌刺激試験…低身長(成長障害)の原因のひとつである成長ホルモンが正しく分泌されているかを確認する刺激試験を行います。
・新起立試験…起立性調節障害の診断のための新起立試験を行います。
・脳波検査…てんかんの診断のための賦活検査を行います。

眼科

・白内障手術…水晶体再建術を行います。

整形外科

・骨折観血的手術(関節内含む)…徒手整復できない骨折に対して骨折部を開いて直接整復と内固定を行います。

   年度別件数
Adobe Readerのダウンロード
ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です