ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  外来診療のご案内  診療科のご案内  産婦人科  月経痛(生理痛)と月経困難症について
ここから本文です。

月経痛(生理痛)と月経困難症について

 月経痛(生理痛)とは、月経中に下腹部が痛いと感じる症状で、多くの女性にみられる症状です。また、月経困難症とは、月経の開始に伴い、月経痛に加えて、腰痛、腹部膨満感、悪心、頭痛、疲労感などの随伴症状を伴い、日常生活に支障を及ぼす状態をいいます。(産科婦人科用語集)

月経困難症の原因は?

 月経の時の子宮収縮を促す物質(プロスタグランジン)の過剰分泌が原因といわれています。そのほかに、子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症、子宮の形態異常などの病気も月経困難症の原因といわれています。

月経困難症の分類は?

 月経困難症には、原因となる病気がない場合(機能性(原発性)月経困難症)と、病気が隠れている場合(器質性(続発性)月経困難症)があります。

1)機能性(原発性)月経困難症:病気が原因ではないもの

特に原因となる病気がなくても、体質によっては強い月経痛を起こすことがあります。若い女性の場合には病的ではないこともよくあります。

2)器質性(続発性)月経困難症:病気が原因となっているもの

 子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が原因で起きるものです。その頻度はまれではありません。病気の進行によって、症状は徐々に強くなることもあります。

月経困難症の検査・診断は?

 月経困難症の症状や、婦人科的な診察、血液検査(貧血の検査やホルモン検査、腫瘍マーカー検査など)、画像検査(超音波検査やMRIなど)の検査を行い、原因になる病気がないか検査します。

月経困難症の治療は?

1)機能性(原発性)月経困難症の場合

痛みを和らげるための薬物療法(鎮痛剤)が行われることが多くあります。最近では、低用量ピルを使用して痛みを抑える方法もあります。さらに、漢方薬を用いた治療が行われることも多くあります。

2)器質性(続発性)月経困難症の場合

子宮筋腫が原因の場合には、薬で月経を止めて筋腫を小さくする方法(薬物療法}や、手術で筋腫を取り除く方法などがあります。子宮内膜症の場合には、鎮痛薬、低用量ピルなどを用いることがあります。卵巣の内膜症性のう胞(チョコレートのう胞)などに対しては、手術を行うこともあります。

子宮筋腫や子宮内膜症の治療法は、症状の種類や程度、年齢、妊娠の希望などによって、治療法などが変わりますので、相談してください。

  月経困難症、生理痛について、ご質問、ご相談などあれば産婦人科(082-224-5307)へお越しください。
ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です