ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  病院のご紹介  診療支援部門  看護部
ここから本文です。

看護部

私たち京都逓信病院看護部は、病院の理念に基づいて、地域および職域の中核医療機関として、信頼される質の高い医療を提供し、患者さまの立場に立った看護を実践します。

当院の特色としましては、地域連携を強化し、開業医と大規模病院との橋渡し的な役割を担い、急性期から亜急性期、慢性期疾患の患者さまを対象に診断治療を行っております。

また、地域住民の皆様の健康維持に貢献できる、地域に根差した医療の一助として、祇園祭や学区内の運動会などの救護班への協力、地域の方々とのふれあいを大切にしています。

慈愛の精神はもとより、専門職としての知識と技術を高めることに力を注いでいます。

患者さま・ご家族の疾患に対してのお考えやお困りごとなど日々のコミュニケーションを通してお聴きし、患者さまの退院後の生活に向け望ましい状態に近づけるよう、柔軟に対応する力を持った看護師の育成をめざします。

これからも、医師・コメディカルとともにチームとして、患者さま一人一人に向き合い、適切な看護サービスを提供できる組織づくりを推進していきたいと思います。


看護部理念

専門職として知識・技術・感性・創造性を活かし、
全ての人々に温かい看護を提供します。

看護方針

いかなる時も人の尊厳を最優先し、対象者の自立を目指して、専門的知識と技術を持って、
対象者のニーズを判断しながら、その人に最適で個別的なケアを提供する。

看護部目標

1. 患者・家族を尊重した態度、言葉遣い、笑顔で対応する

2. 医療安全対策を強化し、安全な看護を提供する

3. 外来・病棟・地域連携室と協働し、患者のニーズに合った退院支援を行う

4. 委員会活動をとおして、各々の役割を担い部門の活性化を図る

日本郵政株式会社 京都逓信病院の紹介

京都逓信病院

京都逓信病院は、大正時代に逓信省(現・日本郵政)の職員とその家族のための病院として開設されました。大正、昭和、平成と三時代を歩み続け、これからも地域と共に新しい時代に向かって進んでいきます。
当院は、地域及び職域の中核医療機関として急性期から慢性期までの医療を提供しています。専門外来として、睡眠無呼吸症候群の検査・治療、人工内耳聴覚言語センターを設置しており、人工内耳手術後のリハビリを行っています。また、肛門疾患に対しての外科・内科的治療や仙骨刺激療法、創傷治療にも特化しています。
看護部の理念は、「専門職として知識・技術・感性・創造性を活かし、全ての人々にあたたかい看護を提供します」を掲げ、患者さまとの関わりを大切にし、日々看護を行っています。そして、専門職者として長く働き続けられる風通しの良い職場を目指し、ワークライフバランスにも取り組んでいます。

職場紹介

新卒看護師からのメッセージ

新卒看護師からのメッセージ

(2018年入職 Iさん)

入職を決めた理由は!

地域に密着した病院に就職したかったことと、アクセスが良く通勤しやすいことも利点だと思ったから。

職場の雰囲気は!

他職種や他部署との距離感が近く、話しやすい雰囲気があります。

仕事のやりがいは!

患者さんが安楽にすごせるように考えながら看護したとき、「ありがとう」と言われるとやりがいを感じます。

既卒看護師からのメッセージ

新卒看護師からのメッセージ

(2018年入職 Kさん)

入職を決めた理由は!

今まで急性期看護を行ってきましたが、今後は地域に密着した形で寄り添える看護がしたいと思いここに決めました。

職場の雰囲気は!

スタッフは、優しく助け合いながら日々看護を実践している印象をもちました。
忙しい中でも優しく丁寧に教えてもらえる環境はとても働きやすいです。

仕事のやりがいは!

患者さんからの「ありがとう」と感謝の言葉をかけてもらった時に、日々の忙しさを忘れ喜びと達成感が得られます。そして、また頑張ろうと思わせてくれます。

新卒看護師からのメッセージ

(2018年入職 Sさん)

入職を決めた理由は!

自宅から近く、子育てしながら働き続けられる環境があったからです。就職の面接時に、小さい子供がいることを伝えると子育てがしやすい環境が確保されていると感じ入職を決めました。

職場の雰囲気は!

プリセプターとの適時面談があり、家庭と仕事の両立ができているか気遣ってもらえたりしています。困ったことがあれば相談しやすい雰囲気があります。また、勤務体系では深夜入りでの半日勤務終了後の時間を利用し、家事をしたり体を休めたりと時間を有効的に使えることができています。

仕事のやりがいは!

外科系病棟の所属で、手術前の不安を軽減し手術に臨めるようにサポートしたり、食事の摂取が進むようにと工夫することを考えたりと、患者さまが前向きに回復に向かうサポートを行うことにやりがいを感じています。

職場環境について

個々が成長できる支援体制を整えています

既卒者の入職者にプリセプターが付き、個々の経験やペースに合わせフォローをしています。プリセプターとの勤務シフトが合わない日は、副師長や師長がフォローをします。
教育体制では、副師長・看護師長・各委員会主催での院内研修や各職場での勉強会が行われ、自己学習支援としてe-ラーニングを整えています。
中規模の病院ですが、職員同士の顔と名前も分かる距離感の近さやチームワークを大切にし、互いに協力し合える風土があることも魅力の一つになっています。患者さまとの関わりを大切にしており、患者さま・ご家族さまとの情報を共有しその内容を看護計画に加えることもしています。
また、地域の方々とのふれあいを大切にし、関連施設との連携を図り地域での活動をおこなっています。

個々が成長できる支援体制を整えています

新卒看護師には、年間計画に基づいて実践能力を高めるための教育体制を提供できるように工夫して取り組んでいます

社会人としての心構えを身に付けることから始まり、自己学習・職場教育・集合教育の計画に基づいて看護実践の基礎と技術を習得し看護に携われるようにサポートしていきます。
1年間のプリセプターが付き、一人ひとりのペースに合わせたオーダーメイドの教育を行っています。
また、Jobローテーション研修を取り入れており、各部署の特徴や雰囲気を体験してから配属部署を決めています。

新卒看護師には、年間計画に基づいて実践能力を高めるための教育体制を提供できるように工夫して取り組んでいます

育児・介護に関する制度が整っており、看護職者として勤務ができる環境があります

社員の置かれた状況に応じた柔軟な働き方を支える制度が整備されており、仕事と育児・介護の両立を支援しています。「仕事と生活の調和(ワークライフバランス)」の実現へ向けた取り組みがされています。

キャリアアップについて

認定看護師資格取得や学会認定取得など、自己成長へのキャリアアップを支援します

認定看護師資格取得や学会認定取得など、自己成長へのキャリアアップを支援します

学びたいと意欲的な方を支援する体制をとっています。看護協会・各学会等が主催する研修会への参加する機会を提供しており、キャリアレベルに応じた院外研修への支援を行っています。また、認定看護師取得では院内と本社との選考に選ばれると支援を受けることができるので、待遇保障・研修費等の負担があり学習に専念できる環境が整っています。組織から求められる役割を考える行動ができ、自分のキャリアを自身で描くことができる看護師の育成をおこなっています。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です