ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  京都逓信病院ブログ  中京西部医師会学習講演会2018が行われました
ここから本文です。

中京西部医師会学術講演会・京都逓信病院医療連携懇談会 2018

2018年03月08日

京都@逓信病院です。

去る3月1日(木)に「中京西部医師会学術講演会・京都逓信病院医療連携懇談会」が、三井ガーデンホテル京都四条で開催されました。

会場は医師会場と看護師会場の2つにわかれ、それぞれの会場で同時に始まりました。

看護師会場では森下看護部長の挨拶により開始となりました。

看護部会場:「森下部長挨拶」

最初にメンバー紹介が行われ、続いて病棟師長の北川看護師から「湿潤療法で治癒した褥瘡について」というタイトルでの講演が行われました。

「北川師長講演」

次に、外来師長の池田看護師から「日帰り手術でできる肛門疾患について」というタイトルで講演が行われました。

「池田師長講演」

医師会場では吉岡院長の挨拶により開始となりました。

医師会場:「吉岡院長挨拶」

最初に第一内科の南部医師から「FreeStyle リブレProを用いて介入を行った血糖コントロール不良の1型糖尿病の2例」というタイトルで講演が行われました。

「南部医師講演」

次に、外科の佐々木医師から「肛門疾患治療の最前線ー仙骨神経刺激療法を含めてー」というタイトルで講演が行われました。

「佐々木医師講演」

学術講演会終了後、会場を移動して、医師・看護師合同での京都逓信病院医療連携懇談会を行いました。

「4演者記念撮影(懇談会終了後)」

当院からの参加が23名(医師13名、看護師及び事務10名)、地域の開業医の先生方が21名、また地域の訪問看護ステーションのスタッフの方々が13名と合計約60名の盛大な会となりました。

ここまで本文です。

ここからサイドメニューです。
ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です