ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  「東京都がん診療連携協力病院」に指定されました。
ここから本文です。

「東京都 がん診療連携協力病院(前立腺がん、肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん)」に指定されました。

 東京逓信病院では、平成30年4月1日付で、肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん について、がんの集学的治療等に積極的に取り組み専門的ながん医療を提供していることが認められ、「東京都がん診療連携協力病院」に指定されました。
 これにより当院では、平成28年7月1日付で指定を受けている前立腺がんと併せて、5つの部位で「東京都がん診療連携協力病院」の指定を受けることとなりました。

 当院は、東京都内の国立がん研究センター中央病院、都道府県がん診療連携拠点病院(2か所)、地域がん診療連携拠点病院(23か所)、東京都がん診療拠点病院(8か所)、東京都がん診療協力病院(20か所)とともに東京都医療連携手帳(注)を活用した地域のがん診療連携体制の充実を図り、都全体のがん医療水準の向上に協力しています。

(注)拠点病院、認定病院、協力病院と、連携する地域の医療機関(かかりつけ医等)とが、病院ががんの種類やステージ等を考慮して作成した診療計画に基づき、協同してがん患者に切れ目のない医療を提供するため、その後の診療経過などを記入することにより、相互に診療情報を共有できるよう作成された手帳

東京都がん診療連携協力病院指定通知書           東京都がん診療連携協力病院指定通知書

また当院では、がん診療委員会を設置し、当院の診療機能や診療実績、地域連携に関する実績や活動状況の他、患者QOLについて把握・評価し、課題認識を院内の関係者で共有したうえで、PDCAサイクルにより組織的な改善策を講じるよう努めています。

PDCAサイクル
当院ではPDCAサイクルの構築を行い、がん診療の質的及び安全向上に日々取り組んでおります。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です