ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  がんケア  「東京都がん診療連携協力病院」に指定されました。
ここから本文です。

「東京都 がん診療連携協力病院(前立腺がん、肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん)」に指定(更新)されました。

東京都がん診療連携協力病院指定通知書

 東京逓信病院では、2016(平成28)年7月1日付で「前立腺がん」、2018(平成30)年4月1日付で「肺がん・胃がん・大腸がん・乳がん」に係る「東京都がん診療連携協力病院」の指定を受けており、今般、その指定が2024(令和6)年3月31日まで更新となりました。
 これは、「肺がん・胃がん・大腸がん・乳がん・前立腺がん」の治療計画を作成し、地域別の医療機関と連携して治療を行うことにより、地域のがん診療の中核的な役割を担ってきたこと 並びに 集学的治療の提供及び標準的治療等を提供し、適切な治療をしてきたことが公的に認められたものです。

 当院は、東京都内の国立がん研究センター中央病院、都道府県がん診療連携拠点病院(2か所)、地域がん診療連携拠点病院(29か所)、地域がん診療病院(1か所)、東京都がん診療拠点病院(7か所)、東京都がん診療協力病院(19か所)とともに東京都医療連携手帳(注)を活用した地域のがん診療連携体制の充実を図り、都全体のがん医療水準の向上に協力しています。

(注)手術・治療を施行した治療病院とかかりつけ医が役割分担しつつ、相互に協力、連携しながら患者さんに専門的な医療と総合的な診療を提供することによって、切れ目のない治療を行うために、東京都がん診療連携協議会で作成している手帳

 

 また当院では、がん診療委員会を設置し、当院の診療機能や診療実績、地域連携に関する実績や活動状況の他、患者QOLについて把握・評価し、課題認識を院内の関係者で共有したうえで、PDCAサイクルにより組織的な改善策を講じるよう努めています。

PDCAサイクル

 なお、策定したPDCAサイクルは、病院相互訪問(※)により他病院からのチェックを受けております。
 ※病院相互訪問とは、東京都がん診療連携協議会 評価・改善部会において、PDCA体制確保の一環として、各ブロック単位で指定された病院を訪問し、策定された計画についての実施状況を確認するものです。

 チェック結果(抜粋)は、以下のとおりです。

PDCAサイクルチェック

当院ではPDCAサイクルの構築を行い、がん診療の質的及び安全向上に日々取り組んでおります。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です