ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  診療科のご案内  精神科  ベンゾジアゼピン受容体作動薬常用量依存
ここから本文です。

ベンゾジアゼピン受容体作動薬常用量依存

病気について

 これは、外因性精神病の中の薬剤性精神障害に含まれますが、最近問題が大きくなっておりますので、特に取り上げておきます。
 ベンゾジアゼピン受容体作動薬というのは、抗不安薬や睡眠薬として、よく使われてきた薬です。これらの薬は、服用すると不眠や不安、抑うつに、即効的によく効いた気になることから、精神科のみならず、いろいろな診療科で安易に処方されてしまうことが多い薬です。ただし、このベンゾジアゼピン受容体作動薬には、次第にその薬無しではいられなくなってしまう依存性、薬が同じ量では効かなくなってしまう耐性といった、厄介な性質があるのです。さらに、不安や不眠や抑うつに耐える力を、どんどん落としていってしまいます。その結果、薬がどんどん増えていくのにどんどん効かなくなり、効かなくなっていくのに、薬をやめるとさらに不安や不眠やうつが悪くなるからやめることもできないという、まさに地獄の道となってしまうこともあります。
 それでも、以前は処方制限も厳しくなかったため、効かなくなったら薬の量を増やし、それでも効かなくなったら種類を増やし、処方箋が二枚にも三枚にも・・・ということもできたのですが、近年、このベンゾジアゼピン受容体作動薬の弊害が認識されるようになり、ベンゾジアゼピン受容体作動薬である睡眠薬・抗不安薬の多種多量処方のみならず、長期間連続投与も制限されるようになってきました。結果、最近では一応常用量で収まってはいるものの減量すると症状が悪くなってしまうという、常用量依存が問題となってきているのです。
 当科では、ベンゾジアゼピン受容体作動薬常用量依存を新たにつくらぬよう、新患の方に、ベンゾジアゼピン受容体作動薬の睡眠薬・抗不安薬【デパス(エチゾラム)、マイスリー(ゾルピデム)、アモバン(ゾピクロン)、ルネスタ(エスゾピクロン)、サイレース・ロヒプノール(フルニトラゼパム)、レンドルミン(ブロチゾラム)、ワイパックス・ユーパン(ロラゼパム)、メイラックス(ロフラゼプ酸エチル)、ベンザリン・ネルボン(ニトラゼパム)、リスミー(リルマザホン)、ユーロジン(エスタゾラム)、ハルシオン(トリアゾラム)、ドラール(クアゼパム)、セルシン・ホリゾン(ジアゼパム)など ※カッコ内は一般名です】の処方は極力いたしません。ご了承ください。

診断について

 現症と処方歴を含めた病例にて診断されます。

治療について

 完治のためには、ベンゾジアゼピン受容体作動薬の常用をやめる以外に方法はありません。
 患者さんに「我慢してください」と申し上げるのは、なるべく控えたいものです。しかしながら、このベンゾジアゼピン常用量依存については、他の薬物依存と同様、最終的には我慢していただくしかありません。であるからこそ、最初からこういった依存症をつくらないことが肝要なのです。

精神科トップページへ

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です