ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  病院のご紹介  病院の沿革・歴史
ここから本文です。

病院の沿革・歴史

当院は、昭和13年(1938年)2月から、日本郵政グループ(当時は逓信省)社員とその家族の健康を守るための職域病院として診療を開始しました。
この病院の建設は、当時の南弘逓信大臣の提唱により、財界首脳が発起人になって集められた民間有志の方々の寄付金と、逓信従業員及び部内出身者の拠出金によって行われましたが、土地と医療設備については国費が当てられました。
当初は診療科が10科、病床数は260床でしたが、その後、患者数の増加と目覚ましい医療の進歩に対応した診療体制を維持するために、数度に亘る増改築を行いました。しかし経年による老朽化等もあって新築を必要とすることから、昭和41年、郵政省内に「東京逓信病院拡張計画協議会」が設置され、昭和47年2月に現在、管理棟となっている仮病院が完成、その後も本病院について鋭意検討し、途中オイルショックの影響で遅れが出たものの、昭和53年5月着工、昭和56年11月完成、昭和57年4月に本病院での診療を開始しました。
昭和61年には保険医療機関としての承認を受けて一般開放を行い、現在は29標榜科、477床の、広くどなたにもご利用いただける総合病院として、誠意に満ちた診療を行っています。
また、人間ドックも実施しています。
平成8年2月には、東京都の救急医療機関の告示病院となり、救急医療の一翼も担っています。
平成17年3月に電子カルテシステムを導入し、情報伝達の効率化と患者さんとの情報共有を進展させました。
平成19年10月からは日本郵政グループ発足(郵政民営・分社化)により日本郵政株式会社直轄の病院となりました。
最近では、”がん難民をつくらない”のスローガンのもと、がん患者さんの診療には病院全体で取り組み、平成25年1月からは悪性腫瘍の積極的治療を終えた患者さんとご家族が大切な時間を快適な環境で過ごしていただけるように緩和ケア病棟を設置しました。なお、平成28年7月からは、「東京都前立腺がん診療連携協力病院」の認定も受けています。

昭和 8年10月南逓信大臣より各界に対し逓信病院の建設計画に協力を要請
昭和 9年2月東京逓信病院後援会設立
昭和11年1月工事着工
昭和12年10月建物竣工(本館、第一病棟、第二病棟)
昭和13年2月診療開始(内科、小児科、外科、整形外科、耳鼻咽喉科、眼科、歯科、産婦人科、皮膚泌尿器科、物療科)
昭和13年4月看護婦養成業務開始
昭和20年5月戦災により本館外来の一部及び院内郵便局焼失
昭和20年12月東京逓信病院看護婦養成所の承認受ける
昭和22年9月結核科設置
昭和22年12月皮膚泌尿器科を皮膚科と泌尿器科に分科
昭和23年4月東京逓信病院高等看護学院を開設
昭和24年6月逓信省が郵政省に改正
昭和24年6月副院長、健康管理科、臨床検査科設置
昭和27年7月中央手術室、中央材料室設置
昭和28年5月アイソトープ室開設届出
昭和29年7月第三病棟増築
昭和34年2月コバルト治療室増築
昭和36年3月第四病棟及びアイソトープ室増築
昭和36年9月麻酔室設置
昭和38年2月本館増築
昭和39年4月麻酔室を廃止し麻酔科設置、結核科、健康管理科を廃止して呼吸器科設置
昭和39年12月消化器科設置
昭和41年3月郵政本省に東京逓信病院拡張計画協議会を設置
昭和42年6月看護部設置
昭和43年7月循環器科、脳神経外科設置 臨床研修実施病院の指定受ける
昭和45年2月仮病院着工
昭和47年2月仮病院竣工(現管理棟)
昭和47年4月仮病院診療開始
昭和52年11月精神科、第二臨床検査科設置
昭和53年5月本病院新築工事着工
昭和54年7月第三臨床検査科設置
昭和56年11月本病院(診療棟)竣工
昭和57年4月本病院診療開始。第二外科設置
昭和60年8月管理棟模様替え工事完了
昭和60年10月健康管理センター設置、結核病棟廃止
昭和61年3月保険医療機関指定承認、一般開放実施
昭和61年8月基準看護(特2類)、基準給食、基準寝具実施承認
昭和63年4月MR棟竣工
昭和63年7月基準看護(特3類)実施承認
平成 元年7月東京逓信病院臨床医学研究室設置
平成  4年6月週休2日制の実施
平成  4年6月レジデントハウス竣工
平成  6年3月サテライトファーマシー増設
平成6年10月新看護(一般 2対1、精神 3対1)実施承認
平成  8年2月救急告示医療機関となる(二次救急)
平成  9年7月リハビリテーション科設置
平成10年4月心臓血管外科標榜
平成10年6月第一臨床検査科、第二臨床検査科、第三臨床検査科を廃止して病理科、臨床検査科設置
平成11年4月外来統轄部長、病棟統轄部長設置
平成11年4月遠隔医療システム稼働開始
平成11年9月診療予約制試行実施(内科系、精神科、眼科、皮膚科)
平成11年12月労災保険指定医療機関に指定
平成12年4月診療情報開示
平成12年4月診療予約制全科実施
平成12年5月地域連携室設置
平成13年1月郵政省が郵政事業庁に改正
平成13年2月川越診療所統合
平成14年4月機能科設置(皮膚科、形成外科)
平成14年8月急性期入院加算届出受理
平成14年10月外来化学療法室(現 外来化学療法センター)設置
平成15年2月足利診療所及び千葉診療所統合
平成15年4月日本郵政公社発足
平成15年4月栄養管理室設置
平成16年2月館内全面禁煙実施
平成16年4月診療科目変更「歯科」→「歯科口腔外科」
平成16年6月病院機能評価認定取得(財)日本医療機能評価機構認定(一般病院 Ver4.0)
平成16年7月当院「健康管理センター」が「首都圏郵政健康管理センター」に改編(以後、健康管理業務は病院とは分離され本社直轄)
平成17年3月電子カルテシステム稼働
平成19年3月東京逓信病院高等看護学院閉校
平成19年10月日本郵政グループ発足(日本郵政株式会社直轄に)
平成20年4月救急総合診療科設置。「内視鏡室」を「内視鏡センター」に、「健康管理センター」を「人間ドックセンター」に改称
平成21年7月DPC対象病院となる
平成21年10月病院機能評価認定更新(一般病院 Ver5.0)
平成22年2月7対1看護開始
平成22年9月人間ドックセンターリニューアルオープン
平成24年4月東京都肺がんおよび大腸がん診療連携協力病院の認定を取得(平成28年3月まで)
平成24年4月 院長補佐設置
平成24年10月 がん相談支援室(現 がん相談支援センター)設置
平成25年1月 緩和ケア病棟設置 
平成25年4月 IVRセンター設置 
平成26年2月 電子カルテシステム更改 
平成26年9月 病院機能評価更新(一般病院2 3rdG Ver1.0)
平成28年4月 乳腺センター設置
平成28年7月 東京都 前立腺がん診療連携協力病院 認定

病院のご紹介トップへ

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です