ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  検査・コメディカル部門のご案内  看護部  看護体制
ここから本文です。

看護体制

入院基本料

7対1看護

看護

チームナーシング制・受持ち制
 病棟の特殊性を生かし、固定チームナーシングを導入している病棟もあります。
 受持ち患者数は、日勤で5名前後です。

入院患者さまの看護は、決められた看護師(受持看護師)が担当します。

受持看護師は、入院から退院まで、ベッドサイドでのケアやリハビリ、食事、生活指導など、家庭や職場で患者さまが「自立」できるためのあらゆる方法を、患者さま及びご家族の皆さまと共に考え、支援します。

勤務時間

二交代、変則三交代を導入し、ワークライフバランスに合わせた選択が可能となっています。

主な勤務
2交代制変則3交代制
日勤A8:00~16:45 日勤A8:00~16:45 日勤B7:30~13:30
深夜15:40~翌9:00 夜勤13:15~22:00 深夜21:30~翌8:30

クリティカルパスの導入

クリティカルパスを導入し、入院から退院までの治療及び看護計画が一目瞭然です。

信頼される看護の提供、チーム医療を推進するため、積極的に症例カンファレンスを実施し、患者さんへ正確で分かりやすい情報を提供できるよう心がけています。

看護に専念できる環境

            などが、看護師の仕事をサポートします。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です