ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  診療科のご案内  内分泌・代謝内科
ここから本文です。

内分泌・代謝内科


内科部長  川村 光信 内科部長  川村 光信

当科ではメタボリックシンドローム、糖尿病、肥満症、脂質代謝異常症(高脂血症)などの代謝疾患および甲状腺疾患、下垂体疾患、副腎疾患などの内分泌疾患の診療に力を注いでいます。

また、当院では診療所やクリニックとの連携を積極的に推進しています。初診の患者さまは原則として医師の紹介状をお持ちいただいています。また、メタボリックシンドロームの教育入院に関しては、連携医の先生からであれば、直接、地域連携室にご連絡いただいての入院も可能です。

なお、内分泌代謝内科は、外来が大変に混み合い待ち時間が長くなっています。そのため、外来診療や入院の後、治療方針が決まりましたら、比較的軽症の患者さまにはご自宅近くまたは逓信病院と連携関係にある診療所やクリニックでの診療をお願いすることも多くなってきています。ご理解とご協力をお願いいたします。(メディカルパスや2ドクター制をご利用いただき、逓信病院との絆は維持できるようにしています。)

 当院は臨床教育研修病院になっています。当科でも若手医師の卒後教育や専門医の育成などに積極的に取組んでいます。

専門分野

血糖、脂質、血圧などに関して疑問がありましたらぜひ当科を受診してください。診察、検査により、的確な診断を行い、個々人に合った指導、治療を提供いたします。

1. メタボリックシンドロームとは・・・

メタボリックシンドロームとは、内臓肥満、血糖高値、脂質代謝異常、血圧高値の4つの病態が集積したもので、心筋梗塞、脳梗塞などを起こしやすい危険な病態です。内臓脂肪が多いかどうかは、簡便にはウエスト周囲径(臍周りの腹囲)が、男性で85cm、女性で90cm以上であるかによって判定されます(CTにより臍高の内臓脂肪面積を測定し、正確に診断)。当科では3日間の教育入院を行っています。医師、看護師による病態、治療の説明、栄養士による食事指導を行っています。病診連携パスを作成しており、地域連携室に診療所の先生から連絡いただければ、簡便に入院の手続きができます。

  • 教育入院スケジュール

    2. 糖尿病と診断された方には・・・

    糖尿病と診断された方には、外来での糖尿病教室での栄養指導、また9日間の教育入院を行っています。糖尿病は、眼、腎臓、神経に障害が起こるだけではなく、心筋梗塞、脳梗塞、下肢の壊疽などが起こりやすいので、初期から適切な治療が必要です。当院の医師、栄養士、看護師、薬剤師、歯科衛生士からなるスタッフで、講義、血糖の自己測定などについて丁寧な指導を行います。また、持続血糖測定システムや1型糖尿病患者さんに対する持続皮下インスリン注入療法(CSⅡ)も積極的に導入し、より良い血糖コントロールを目指しています。「合併症の軽度の方」には3日間の短期・週末短期糖尿病教育入院を行っています(両者は若干内容が異なりますので、ご注意ください)。

  • 教育入院スケジュール

    内分泌代謝内科では、東京逓信病院糖尿病友の会(63.3KB)の運営をサポートしています。

    3. 肥満症は・・・

    肥満症は、糖尿病、脂質異常症、高血圧など多くの疾患を起こしやすく、減量治療が必要な疾患です。外来のダイエット教室で栄養・生活指導を行っています。速やかに減量しないと心・肺の合併症が悪化し危険と判断された方には、3週間の入院治療を勧めています。食事、運動の基本を指導し、退院後も体重減少を続けられるよう意識を変革し、ライフスタイルの改善を目指します。

    4. 脂質異常症(高脂血症)は・・・

    脂質異常症は、動脈硬化を生じ易く、心筋梗塞、脳梗塞を起こします。外来での脂質異常症教室で栄養指導を行います。生活、栄養指導で改善が得られない場合は、薬物療法を併用し、LDLコレステロール、トリグリセリド(中性脂肪)を適切値にするよう治療を行っています。

    5. 内分泌疾患では・・・

    内分泌疾患では、副腎の異常によって起こる高血圧であるアルドステロン症の診断、治療を積極的に行っています。これまで単なる高血圧と思われていた方が、アルドステロン症であることが分かり、治療の結果降圧薬を必要としなくなった方もおられます。

    他にも、
    ・甲状腺疾患(2011年4月からI-131の内服によるアイソトープ治療を開始)
    ・間脳-下垂体疾患
    ・副腎疾患
    ・副甲状腺疾患
    などについても診療を行っています。

    主な対象疾患

    • 糖尿病
    • 肥満症
    • メタボリックシンドローム
    • 脂質異常症
    • 甲状腺・副甲状腺疾患
    • 内分泌性高血圧症
    • 高尿酸血症
    • 下垂体疾患
    • 副腎疾患

    スタッフ紹介

    部長
    川村 光信
    (かわむら みつのぶ)
    経験年数:
    37年
    専門分野:
    糖尿病、肥満症、脂質異常症、動脈硬化、内分泌
    資 格 等:
    日本内科学会総合内科専門医・指導医
    日本糖尿病学会専門医・指導医
    日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医
    日本動脈硬化学会認定動脈硬化専門医
    日本肥満学会肥満症専門医
    日本病態栄養学会NSTコーディネーター
    医長
    勝田 秀紀
    (かつた ひでのり)
    経験年数:
    19年
    専門分野:
    糖尿病、内分泌代謝疾患
    資 格 等:
    日本内科学会総合内科専門医・指導医
    日本糖尿病学会専門医・指導医
    日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医・評議員
    小林 有紗
    (こばやし ありさ)
    経験年数:
    10年 
    専門分野:
    糖尿病、内分泌、肥満症
    資 格 等:
    日本内科学会認定医
    日本糖尿病学会専門医
    日本内分泌学会内分泌代謝科専門医
    木村 彰吾
    (きむら しょうご)
    経験年数:
    6年
    専門分野:
    糖尿病、内分泌代謝疾患
    資 格 等:
    日本内科学会認定医

    丸山 聡子
    (まるやま さとこ)
    経験年数:
    5年
    専門分野:
    糖尿病、内分泌代謝疾患
    資 格 等:

    沼沢 益行
    (ぬまさわ みつゆき)
    経験年数:
    4年
    専門分野:
    糖尿病、内分泌代謝疾患
    資 格 等:

    非常勤医師
    宮崎 滋専門治療:糖尿病、肥満症、内分泌
    安藤 矩子専門治療:糖尿病、内分泌
    東田 寿子専門治療:糖尿病、妊娠糖尿病

    (平成28年11月1日現在)

    主な治療方法・クリティカルパス

    • 糖尿病教育入院
    • 肥満症治療入院
    • メタボリックシンドローム治療入院
    • 糖尿病合併症治療入院
    • 肥満症合併症治療入院
    • 短期糖尿病教育入院
    • 週末短期糖尿病教育入院

    主な治療の入院日数・料金

    疾患名パス名
    入院日数
    料金(3割負担)
    糖尿病糖尿病教育入院 9日 130,000円
    病的肥満症メタボリックシンドローム 3日 40,000円
    ※料金は3割負担の場合のめやすを示しています。

    主な検査・診断方法

    • グルコースクランプ法
    • インスリン負荷試験(ITT)
    • 経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)
    • 頚動脈の内膜中膜肥厚(IMT)検査
    • 脈波速度(PWV,CAVI)
    • 足関節・上腕血圧比(ABI)
    • デジタル血管造影(DSA)
    • トレッドミル運動負荷試験
    • エネルギー代謝機能測定検査
    • 磁気共鳴血管造影(MRA)
    • マルチスライスCT(MSCT)
    • 血管内皮機能検査(FMD)
    • 血糖連続測定検査(CGM)

    認定施設

    • 日本内科学会
    • 日本糖尿病学会
    • 日本内分泌学会
    • 日本肥満学会
    • 日本動脈硬化学会

    実績

    入院患者数(人)平成27年度 平成26年度 平成25年度

    1型糖尿病

    13 7 11
    2型糖尿病197
    170
    145
    その他の特定機序、疾患による糖尿病 38 19 4
    糖尿病性ケトアシドーシス 8 2 9
    糖尿病性腎症・ネフローゼ症候群 7 2 2
    足壊疽  2 5
    下肢蜂窩織炎  1 4
    メタボリックシンドローム・肥満症 27 36 29
    高度肥満 20 22 17
    低血糖  1 2
    間脳、下垂体疾患 4 2 6
    甲状腺・副甲状腺疾患 4 2 2
    副腎クリーゼ 1 1 1
    原発性アルドステロン症 18 20 3
    その他の副腎疾患 2 7 2
    その他 71 68 20

    ※入院の契機となった、または入院中に診断された主要病名のみを記載した。

    外来医師担当表

    外来医師担当表

    各医師の外来診療予定日です。

    東京逓信病院のがんケア《内分泌代謝内科のページ》

    東京逓信病院のがんケア《内分泌代謝内科のページ》

    内分泌代謝内科領域のがん(悪性腫瘍)

    書籍発行

    川村部長や当院管理栄養士が携わった腎臓病の方のためのレシピ集です。

    東京逓信病院のスタッフが中心に執筆した書籍です。

    《同書序文(当院顧問宮崎滋)より》
    この本は東京逓信病院で行っているメタボリックシンドローム教育入院の教育,指導内容,運営方法,心がまえ,理論的裏付けなどについて,担当するスタッフが簡潔にまとめたものである.現場に精通したスタッフの手作りの本であり,メタボリックシンドローム教育治療に携わる方々の参考になるのではないかと思う.

    受賞歴

    Evergreen All-Star Award
    平成26年4月、川村部長がPRC委員長として貢献している
    ACP(米国内科学会)の日本支部が、
    ACP本部より2013 Evergreen All-Star Awardを授与されました。

    Special Recognition Award
    同じく、ACP本部より2013 Special Recogniton Awardを
    授与されました。

    日本肥満学会学会賞
    平成22年10月、日本肥満学会より
    「日本肥満学会学会賞」を受賞しました。

    肥満症治療優秀賞

    平成20年6月、日本肥満症治療学会より
    チーム医療による「肥満症治療優秀賞」を
    受賞しました。

    けんこう家族掲載記事

    第118号 平成27年10月1日発行

    糖尿病診療の今日的課題
    内分泌・代謝内科 部長 川村 光信

    第101号 平成23年7月1日発行

    生活習慣病を予防しよう
    内分泌・代謝内科 副院長(兼部長) 宮崎 滋

    アンケートにご協力ください

    皆様にとって、より使いやすいホームページにするため、是非ご意見をお聞かせください。

    <ご覧いただいているこのページについてお尋ねします>

    このページは役に立ちましたか?

    役に立った
    ふつう
    役に立たなかった

    このページの表現やレイアウトは、分かりやすかったですか?

    分かりやすかった
    ふつう
    分かりにくかった

    このページの情報は探しやすかったですか?

    探しやすかった
    ふつう
    探しづらかった

    このページの情報量は適当ですか?

    適当
    詳しすぎる
    足りない

  • ここまで本文です。
    ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
    ^このページの一番上へ
    【画像】印刷用のフッター画像です