ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  診療科のご案内  脳神経外科
ここから本文です。

脳神経外科


脳神経外科部長 伊藤 正一 脳神経外科部長 伊藤 正一

日本人の死因のトップはがんであり、脳血管障害(脳卒中)はかつては1位であったものの、現在は年間約13万人で第3位になっていることはよく知られています。しかし、脳卒中が減っているわけではありません。平成20年の統計では脳血管障害の患者数は134万人であり、すべてのがん患者数とほぼ同じです。脳卒中になっても死には至らず、高度の障害を残し、介護を要するようになる人が増えています。要介護認定者数は平成19年には約350万人、その中でほぼ寝たきりの人が100万人以上いらっしゃいます。寝たきりになる原因の4割は脳卒中が占めています。

このような事態は高齢化社会の宿命なのでしょうか?そうではありません。なぜなら、多くの脳血管障害は予防可能だからです。高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満、喫煙、アルコール多飲、運動不足などはいずれも脳血管障害を発症させる要因です。正しい知識をもち、適切な治療を受け、健康的な、規則正しい生活をすればそんなに脳卒中は起こるものではありません。

自分の健康のためはもとより、医療、介護に対する社会の負担を減らすためにも、ぜひ脳卒中予防に努めていただきたいと思います。

2016年4月1日より“脊髄脊椎外科外来”を開設しました

これまでは隔週の外来診療のみでしたが、毎週月曜日(5月からは火曜日)午前と金曜日午前に外来日を設けました。

手足のシビレや痛み、頸部痛や腰痛、手指の動きが鈍い、歩行がおぼつかないなどの症状をお持ちの方は是非当外来を受診してみてください。
担当は川本俊樹医師(日本脊髄外科学会指導医)です。

お問い合わせの際は、03-5214-7381(予約電話番号)までご連絡ください。

特発性正常圧水頭症について

社会の高齢化に伴い認知症は大きな問題となっています。その中に、手術による治療が可能な認知症があることはご存知でしょうか。
「特発性正常圧水頭症」といわれる疾患です。脳の中にある、脳室というスペース(水がたまっている)が大きくなり、脳を圧迫して機能低下を招きます。
高齢者に見られ、認知症以外に歩行障害排尿障害を呈します。MRIなどの画像診断と、腰椎穿刺による髄液排除で診断が可能です。特発性正常圧水頭症と診断された場合には、髄液シャント手術が有効です。脳室にたまった水(髄液)を、管を通して腹部に流す手術です。
この疾患の有病率は意外に高いと報告されています。およそ10万人に100人(0.1%)といわれています。60歳以上の方でこのような症状に当てはまる方は、ぜひ脳神経外科外来にご相談にいらしてください。
⇒病院だより「けんこう家族」の関連記事はこちら

専門分野

脳神経外科は脳腫瘍、脳血管障害(脳卒中)、頭部外傷などの手術をするのが本来の仕事です。

外来には頭痛やしびれ、めまい、もの忘れなどのため「脳の病気」を心配してこられる方が大勢いらっしゃいます。しかし、その中で手術を受けることになる方はごく一部です。

あまり悩まずに気楽に受診してください。

特色

当院では、脳ドックから脳神経外科手術、内科的治療、放射線治療(ラジオサージェリー)、リハビリテーションまで一貫した治療体制が出来上がっています。放射線科、リハビリテーション科などと協力して治療に当たっております。さらに専門的な治療が必要な場合には各疾患の専門病院との連携も持っております。

また、脳卒中、頭部外傷などに対する救急医療に積極的に取り組んでおります。脳梗塞発症後3時間以内に投与すれば、劇的な効果が期待できるt-PA治療も行っております。平成20年度の救急車搬入件数は449件でそのうち174名が入院となりました。

主な対象疾患

スタッフ紹介

部長
伊藤 正一
(いとう しょういち)
経験年数:
36年
専門分野:
脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷、頭痛、顔面けいれん等
資 格 等:
日本脳神経外科学会専門医
主任医長
川本 俊樹
(かわもと としき)
経験年数:
26年
専門分野:
脊髄脊椎外科
資 格 等:
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脊髄外科学会指導医
日本体育協会認定スポーツドクター
医長
畑佐 まどか
(はたさ まどか)
経験年数:
32年
専門分野:
脳腫瘍、脳血管障害、ラジオサージェリー
資 格 等:
日本脳神経外科学会専門医
矢内 啓
(やない けい)
経験年数:
9年
専門分野:
脳神経外科一般
資 格 等:
日本脳神経外科学会専門医

非常勤医師
金 彪脊髄、脊椎疾患・獨協医科大学脳神経外科主任教授
野口 信
専門分野:脳腫瘍、脳血管障害等
資格等:日本脳神経学会専門医・指導医、日本脳卒中学会認定専門医

(平成29年4月1日現在)

主な治療方法・クリティカルパス

主な検査・診断方法

認定施設

実績

手術件数(件) 平成27年度  平成26年度  平成25年度
脳腫瘍13
25
20
脳動脈瘤(破裂)6
 2 10
脳動脈瘤(未破裂)8
 1 11
脳動静脈奇形 1  1 0
脳内血腫2
 7 5
シャント手術 6  10 10
脊椎手術 3  5 3
微小血管減圧術 4  4 0
急性頭蓋内血腫 4  1 3
慢性硬膜下血腫 23  15 21
総数 90  77 93

年間診療実績平成27年度
外来患者総数(延べ)9,690人
新入院患者総数    215人
病床利用率76.0%
平均在院日数 27.7日
脳ドック年間902人
年間手術件数90件

外来医師担当表

外来医師担当表

各医師の外来診療予定日です。

脳神経外科からのお知らせ

東京逓信病院のがんケア《脳神経外科のページ》

東京逓信病院のがんケア《脳神経外科のページ》

高度なラジオサージェリーと外科手術によって、脳腫瘍患者さまのQOLを良好に維持します

けんこう家族掲載記事

第121号 平成28年7月1日発行

脊髄脊椎外来について
脳神経外科 主任医長 川本 俊樹

第101号 平成23年7月1日発行

特発性正常圧水頭症について
脳神経外科 副院長(兼部長) 野口 信

第99号 平成23年1月1日発行

出血性脳卒中
 脳神経外科 医長 谷口 民樹

アンケートにご協力ください

皆様にとって、より使いやすいホームページにするため、是非ご意見をお聞かせください。

<ご覧いただいているこのページについてお尋ねします>

このページは役に立ちましたか?

役に立った
ふつう
役に立たなかった

このページの表現やレイアウトは、分かりやすかったですか?

分かりやすかった
ふつう
分かりにくかった

このページの情報は探しやすかったですか?

探しやすかった
ふつう
探しづらかった

このページの情報量は適当ですか?

適当
詳しすぎる
足りない

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です