ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  診療科のご案内  放射線科
ここから本文です。

放射線科


放射線科 部長  大久保 敏之

当科では画像診断と放射線治療という大きく2つの業務を行っています。臨床各科の先生方と連携をとりながら、最新機器による画像検査を行い、得られた画像を、経験を積んだ専門医が読影します。また、リニアックを用いた放射線治療を行い、出来る限り侵襲の少ない治療を提供しています。

放射線各種検査等の説明


専門分野

放射線科は診断部門と治療部門とがあります。診断部門ではCT、MRI、X線TV、血管造影、RIなど最新鋭の機器を用いて画像を提供しています。得られた画像を読影専門医が臨床情報を参考に診断し、必要な検査や治療方針について有用な情報を各科医師に提供しています。また、CTによる肺癌検診も行っています。

治療部門では、CTを用いた治療計画装置および照射装置の導入により確実で効率の良い放射線治療を行っています。特にラジオサージェリーシステムの導入により、効果的な治療ができるようになっています。

特 色

放射線科外来でも診察は行っていますが、他科との連携・周辺地域との連携による検査・診断・治療も積極的に行っています。詳しくは地域医療連携のページをご覧ください。

主な対象疾患(放射線治療部門)

スタッフ紹介

放射線科部長
大久保 敏之
(おおくぼ としゆき)
経験年数:
30年
専門分野:
放射線診断
資 格 等:
日本医学放射線学会放射線診断専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
児玉 紘子
(こだま ひろこ)
経験年数:
10年
専門分野:
放射線診断
資 格 等:
日本内科学会認定医
松坂 優己
(まつざか ゆうき)
経験年数:
7年
専門分野:
放射線診断
資 格 等:
日本医学放射線学会放射線診断専門医
竹中 亮介
(たけなか りょうすけ)
経験年数:
7年
専門分野:
放射線治療
資 格 等:
日本医学放射線学会放射線科専門医 
古瀬 琢也
(こせ たくや)
経験年数:
4年
専門分野:
放射線診断
資 格 等:

(平成29年4月1日現在)

主な治療方法・クリティカルパス(放射線治療部門)

主な検査・診断方法(放射線診断部門)

認定施設

実績

 放射線科では、MRI、CT、RIなどの最新医療機器による画像診断とリニアック装置による放射線治療を行っています。

 MRIは高速撮像法により短時間での撮影が可能であり、造影剤を使用せずに血管造影(MRA)や胆管膵管造影も施行できます。

 また、MRIでは脳梗塞(超早期や小さな梗塞巣など)や脳動脈瘤、脊髄疾患、膝・肩関節、乳房・婦人科領域での診断に有用です。

 マルチスライスCTは高速かつ広範囲に、また高分解能の画像収集が出来ることから従来のシングルへのヘリカルCTと比べ全身臓器の検査が短時間に施行でき、血管や骨の3次元画像の作成が容易となり、仮想内視鏡も可能です。

診断部門:過去3年間(平成25~27年)の主な件数


外来医師担当表

外来医師担当表

各医師の外来診療予定日です。

東京逓信病院のがんケア《放射線科のページ》

東京逓信病院のがんケア《放射線科のページ》

がんと放射線治療

けんこう家族掲載記事

第105号 平成24年7月1日発行

心血管造影撮影装置の更改について
放射線科 医療技術主任 佐藤 恒昭

第103号 平成24年1月1日発行

放射線と被ばくについて
放射線科 医療技術主任 齊藤 謙一

第98号 平成22年10月1日発行

「新しいMRI装置が導入されました」
 放射線科 診療放射線技師 山下 素幸

アンケートにご協力ください

皆様にとって、より使いやすいホームページにするため、是非ご意見をお聞かせください。

<ご覧いただいているこのページについてお尋ねします>

このページは役に立ちましたか?

役に立った
ふつう
役に立たなかった

このページの表現やレイアウトは、分かりやすかったですか?

分かりやすかった
ふつう
分かりにくかった

このページの情報は探しやすかったですか?

探しやすかった
ふつう
探しづらかった

このページの情報量は適当ですか?

適当
詳しすぎる
足りない

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です