ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  診療科のご案内  神経内科
ここから本文です。

神経内科


神経内科主任医長  椎尾 康 神経内科部長  椎尾 康

神経内科では、脳、脊髄、末梢神経、筋肉にわたる神経疾患・筋疾患の患者さんを幅広く診療しています。また神経内科のない医療機関からのご紹介も受け、必要に応じて精査入院を行って、的確な診断と治療を行なうよう心がけています。外来ではパーキンソン病、重症筋無力症などの神経難病、てんかんの患者さんが多いですが、脳梗塞、頭痛、めまい、物忘れ、手のふるえ、しびれ、歩行障害などで受診される方の精査、加療も行っています。
 近年、基幹病院神経内科が脳卒中の急性期治療に重点を移しつつある一方で、慢性の神経難病の診療が疎かになる傾向も否めません。当科では脳卒中診療が大きな柱の一つであることは言うまでもありませんが、神経難病の患者さんの診断、合併症を含めた治療も重視しており、バランスよく神経疾患全般の診療に当たっています。
 また中枢神経疾患だけでなく、炎症性、遺伝性など様々な原因の末梢神経障害、筋疾患、重症筋無力症の診療でも高い水準を保っており、他施設からも多数の患者さんを受け入れています。

 当科は日本内科学会、日本神経学会、日本臨床神経生理学会、日本脳卒中学会の教育施設に認定され、神経内科専門医、内科系専門医の育成に力を注ぎ高い臨床水準を保つよう努力しています。また臨床研修病院の一部門として初期研修医や医学部学生の教育も担当しています。
 
 我々は病院と診療所の連携(病診連携)を積極的にすすめておりますので、初診の患者さんは原則として医師の紹介状をお持ちいただいています。 なお、救急をはじめ急性期の患者さんに出来るだけ対応するために、慢性期の脳梗塞などの患者さんのフォローは病診連携の考えに基づき、ご自宅近くの診療所の先生にお願いしておりますのでご了承ください。

専門分野

脳血管障害、頭痛、てんかん、認知症、神経変性疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症など)、炎症性疾患(多発性硬化症、脳炎、髄膜炎など)、脊髄疾患、末梢神経障害(ギラン・バレー症候群やCIDPなど)、筋疾患(筋炎、重症筋無力症、筋ジストロフィーなど)を対象としており、とくに筋電図、神経伝導検査等の神経生理学的検査を得意としています。

主な対象疾患

スタッフ紹介

部長
椎尾 康
(しいお やすし)
経験年数:
25年
専門分野:
神経内科全般、神経変性疾患、臨床神経生理
資 格 等:
日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本臨床神経生理学会認定医(筋電図・脳波)
難病指定医(神経難病)
医長
日出山 拓人
(ひでやま たくと)
経験年数:
 18年
専門分野:
神経内科全般、神経変性疾患
資 格 等:
日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医・JMECCディレクター
難病指定医(神経難病)
日本医師会認定産業医・健康スポーツ医
日本脳卒中学会・日本臨床神経生理学会・日本リハビリテーション学会
前川 理沙
(まえかわ りさ)
経験年数:
 12年
専門分野:
神経内科全般、脳血管障害
資 格 等:
日本神経学会認定神経内科専門医
日本内科学会認定内科医・指導医
日本脳卒中学会専門医
難病指定医(神経難病) 
関 大成
(せき ともなり)
経験年数:
10年 
専門分野:
神経内科全般、神経放射線
資 格 等:
日本内科学会認定医
日本神経学会
勝又 淳子
(かつまた じゅんこ)
経験年数:
8年 
専門分野:
神経内科全般
資 格 等:
日本内科学会認定内科医
日本神経学会認定神経内科専門医
日本脳卒中学会 
佐藤 達哉
(さとう たつや)
経験年数:
6年 
専門分野:
神経内科全般
資 格 等:
日本内科学会認定医
日本神経学会
専修医
経験年数:
 4年
専門分野:
 神経内科全般
資 格 等:
 日本内科学会
 日本神経学会

(平成28年4月1日現在)

主な治療方法・クリティカルパス

主な検査・診断方法

認定施設

実績

入院患者数(人) 平成27年度 平成26年度  平成25年度平成24年度 平成23年度
脳血管障害 115 85 85 82 74
神経変性疾患 143
105 58 51 62
めまい 25 20 23 31 33
てんかん 23 27 23 28 26
末梢神経・筋疾患 75 51 63 37 40
脳炎・髄膜炎・脊髄炎 44 29 27 19 12
頭痛6
5 3 3 6
多発性硬化症 20 28 23 14 9
脳腫瘍 7 8 0 2 3
その他 66 59 33 38 36
合計 524 417 338 316 309

他施設との連携

当科では、神経疾患の専門的な診断、治療につき、他施設からの紹介患者を受ける一方、主に以下のような
施設と連携することで、年々細分化・専門化していく医療水準を維持し最善の診断、治療を行っております。

  • 東京大学
     神経・筋生検の病理診断、傍腫瘍性神経症候群の抗体、神経疾患の遺伝子診断、脳磁図
  • 国立精神神経医療研究センター病院
     中枢神経の病理診断 、髄液Aβ(アミロイドベータ)、τ(タウ)蛋白(認知症の診断)
  • 防衛医科大学神経内科
     抗ガングリオシド抗体(ギラン・バレー症候群、CIDPの診断)
  • 長崎大学第一内科
     抗MuSK抗体、抗VGCC抗体(重症筋無力症、Lambert Eaton症候群の診断)
  • 鹿児島大学神経内科
     抗VGKC抗体(自己免疫性脳炎など)
  • 静岡てんかん・神経医療センター
     抗NMDA型グルタミン酸受容体抗体(自己免疫性脳炎)
  • 東北大学
     抗AQP4抗体(視神経脊髄炎型多発性硬化症)
  • 長崎大学、東北大学
     プリオン病(クロイツフェルトヤコブ病など)の各種検査
  • 国立感染症研究所
     進行性多巣性白質脳症、その他の神経系感染症の遺伝子検査、血清学的検査
  • 虎の門病院
     脳血管障害の血管内治療、頚動脈内膜剥離術
  • 大森赤十字病院
     ボツリヌス毒素治療

  • (順不同)

外来医師担当表

外来医師担当表

各医師の外来診療予定日です。

けんこう家族掲載記事

第107号 平成25年1月1日発行

脳梗塞の治療と発症予防
神経内科 医師 前川 理沙

第94号 平成21年10月1日発行

パーキンソン病
神経内科 主任医長 椎尾 康

アンケートにご協力ください

皆様にとって、より使いやすいホームページにするため、是非ご意見をお聞かせください。

<ご覧いただいているこのページについてお尋ねします>

このページは役に立ちましたか?

役に立った
ふつう
役に立たなかった

このページの表現やレイアウトは、分かりやすかったですか?

分かりやすかった
ふつう
分かりにくかった

このページの情報は探しやすかったですか?

探しやすかった
ふつう
探しづらかった

このページの情報量は適当ですか?

適当
詳しすぎる
足りない

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です