ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  採用情報  医師の募集  初期臨床研修プログラム
ここから本文です。

初期臨床研修プログラム

2022年度 東京逓信病院 臨床研修医 募集要項

臨床研修の伝統と実績のある東京逓信病院で研修してみませんか?

応募資格

・2022年の医師国家試験受験予定で、医師臨床研修マッチングシステムに参加する方。
・地域枠でない方。
※臨床研修期間中に指定された地域や病院での従事要件が課されている方は応募できません。

募集人数

11名(予定)

選抜方法

  1. 筆記試験(内科系・外科系の基礎知識(60分))
  2. 面接試験
  3. 健康診断(後日、採用予定者のみ実施)

※選考は、筆記試験と面接試験の採点をもとに決定し、出身大学、性別、病院見学への参加の有無等に影響されることはありません。

合否の決定

医師臨床研修マッチング協議会による結果によります。
(ただし、採用は医師免許取得が条件となります)

採用日

2022年4月1日

研修期間

2年間

試験日及び出願締切日

試験日 出願締切日
2021年8月28日(土)
2021年8月19日(木)必着
2021年9月 4日(土) 2021年8月26日(木)必着

希望試験日を1日選択の上、受験申込書に明記してください。

試験場所

東京逓信病院 管理棟(東京都千代田区富士見2-14-23) アクセス
※人間ドックセンターがある建物です。
JR総武中央線「飯田橋」駅西口 徒歩5分
地下鉄 有楽町線、南北線、駅B2a 徒歩6分
地下鉄 東西線、大江戸線「飯田橋」駅A4 徒歩9分

応募手続

  1. 下記応募書類(2点)を角形2号封筒に入れ、下記応募先に特定記録郵便で郵送してください。
    (封筒の表面に「臨床研修医 応募」と赤書きしてください。)
  2. さらに、下記応募先あて、E-mailを送信してください。
    (件名は「臨床研修医 応募」とし、氏名、生年月日、大学名、希望試験日を明記したものを送信してください。)
    • 送信元のメールアドレスあてに、試験に関する連絡を行います

応募書類(応募書類は返却しません。)

  1. 受験申込書(写真貼付のこと)
    ※受験申込書様式はこちら (281KB) をクリック(A4サイズで印刷してください。)
  2. 卒業(見込)証明書

応募先

〒102-8798
東京都千代田区富士見2-14-23
東京逓信病院 経営管理課職員係(臨床研修医 採用担当)
TEL:03-5214-7117 MAIL:kensyu@tth-japanpost.jp

処遇

こちらをクリック

2022年度 東京逓信病院臨床研修プログラムの概要

研修プログラムの特色

地域及び職域の中核医療機関として、信頼される安全で質の高い医療を提供するため、各診療科にきめ細かい指導を行う専門医・指導医を配置し、大学病院とは異なった指導体制を確立しています。更に、三楽病院、東京都立広尾病院から協力を得て、意欲のある研修医が十分な研修を行うことのできる管理型臨床研修病院プログラムとなっています。

臨床研修の目標

医師としての良心に基づいた患者さま最優先の医療を提供するため、基本的な診療能力を幅広く身に付ける。

プログラム責任者

 責任者
 椎尾 康(副院長兼神経内科部長)
 副責任者
 大石 展也(院長補佐兼呼吸器内科部長)

臨床研修のカリキュラム

1年次ローテーションの例
内科
3か月
(12週)
救急総合診療科
1か月
(4週)

精神科
1か月
(4週)

内科
3か月
(12週)
麻酔科
1か月
(4週)

外科
3か月
(12週)
2年次ローテーションの例
内科
2か月
(8週)
小児科
1か月
(4週)
産婦人科
1か月
(4週)
地域医療
1か月
(4週)
救急総合診療科
1か月
(4週)
緩和ケア科
1か月
(4週)
選択科目
1か月
(4週)
選択科目
1か月
(4週)
内科
3か月
(12週)

1年目は内科6か月、外科3か月、麻酔科1か月、救急総合診療科※11か月、精神科※21か月をローテートします。
2年目は救急総合診療科※1、地域医療※3、緩和ケア内科、小児科、産婦人科※4を1か月ずつ研修し、1年目で経験しなかった内科系診療科を計5か月研修します。その際に並行して週二回(半日)の一般外来研修を経験します。選択科目※5は2か月です。将来の専攻にかかわらず、初期研修の目的としてプライマリ・ケアと全身管理の能力を身につけることを重視していますので、最終的には研究教育委員会で調整します。

※1 「救急部門」は、1年目及び2年目の救急総合診療科での研修に加えて、2年間の平日夜間及び休日昼夜での救急当直研修を経験します。

※2 「精神科」は当院と「三楽病院」において各2週間研修します。

※3 「地域医療」は、「調布東山病院」、「貝坂クリニック」、「四谷内科」、「新宿ヒロクリニック」、「あけぼの診療所」、「コンフォガーデンクリニック」、「たいとう診療所」、「日本橋かきがら町クリニック」、「矢澤クリニック渋谷」、「こころとからだの元氣プラザ」、「さとう内科医院」、「曙ホームクリニック」のうち、2か所で2週間ずつ研修し在宅医療を必ず経験します。

※4 「産婦人科」は「東京都立広尾病院」、「大森赤十字病院」で研修します。

※5 選択科目は、内科、外科、整形外科、呼吸器外科、脳神経外科、眼科、皮膚科、形成外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、放射線科、リハビリテーション科、病理診断科、麻酔科(場合により緩和ケア科)から選択します。

研修医の指導体制

各診療科の指導医とのマンツーマン研修による、きめ細かい指導体制(研修医5名当たり1名以上の指導医が確保されます)。

研修の評価方法

EPOC2を利用して、研修履歴を記録すると同時に、研修医の自己評価・指導医からの評価・メディカルスタッフからの評価を行います。

研修医の処遇

(1) 常勤・非常勤の別
非常勤
(2) 勤務時間及び休暇
基本的な勤務時間: 8:30~17:15(休憩時間45分)
※アルバイトは禁止
時間外勤務: あり
当直: 約4回/月
有給休暇: 10日間(採用6か月後から)
その他、特別休暇(忌引き等)あり
(3) 研 修 手 当
月収 約43万円(当直手当4回、時間外手当20時間として計算。勤務日数及び勤務状況により、変動があります。)
賞与:なし
時間外手当:あり
住居手当:なし

(4) 研修医のための宿舎
病院敷地内にレジデントハウス(単身用)あり ※入居は自由です
(5) 社会保険・労働保険
公的医療保険: 全国健康保険協会
公的年金保険: 厚生年金保険
労働者災害補償保険: あり
雇用保険: あり
(6) 健 康 管 理
健康診断を年2回実施します。
(7) 医師賠償責任保険
日本郵政株式会社として加入(個人加入は任意)します。
(8) 外部の研修活動
学会・研究会等への参加、発表を積極的に行ってください。
筆頭発表者には旅費、宿泊費が支給されます。
(9) その他
・研修医室(2室)があります。
・図書室が整備されており、各種和洋雑誌(洋雑誌は現在は必要時に論文単位で購入)が揃っています。
・パソコンが貸与されます。

研修プログラムの変更又は申請を行った場合の報告

 2021年度開始プログラムにつき、プログラム変更申請済(2020年4月)

研修プログラム及び年次報告様式10(別紙1~4)

初期研修中のDrの声

 「研修医の裁量の大きさと上級医の距離の近さが魅力です」 臨床研修医 吉岡 里彩

 当院特有の魅力のうち最も強調したいことは、研修医の裁量の大きさと上級医との距離の近さの2点です。まず研修医の裁量について。当院では研修医がお客様扱いされません。事務作業に終始せず、担当医チームの一員としてアセスメントをし、診療方針について考え、自由に発言することができます。仕事の内容が幅広い当院での研修は、3年目以降の仕事へのハードルを低いものにしてくれるでしょう。そして何よりも楽しいです。そんなに研修医の責任が重いのか、と不安に感じる方もいるかもしれませんが、2番目の魅力、上級医との距離の近さ、がしっかりカバーしてくれます。臨床研修に求めるものは人それぞれと思いますが、上級医に相談しやすい環境は、研修を自分の理想に近づける上でも重要なものになります。内科的な診療能力は勿論ですが、本人のやる気次第で様々な手技も沢山学べます。
 東京逓信病院の魅力はまだまだあります。ぜひ見学にいらしてください。

 「臨床の経験と勉強会をバランスよく学べます」 臨床研修医 曽 睿夫

 東京逓信病院の臨床研修の魅力は市中病院と大学病院、両方の特長をバランスよく備えている点です。市中病院である当院では、豊富な症例に対して研修医が最前線で対処する経験を多く積むことができます。病棟業務や救急当直などさまざまな場面で研修医がファーストタッチし、指導医にプレゼンし、的確なフィードバックを得るというサイクルを繰り返すことで日々成長することができます。その一方で、当院の研修では大学病院のようなアカデミックな活動も重視され、カンファレンスのみならず院内や連携する病院との勉強会、あるいは学会で発表する機会が数多くあります。これにより、患者さんを通じて得られた貴重な生の経験を血肉化し、活きた経験として自身に再定着させることもできますし、医学的探究心も養われます。
 そしてなにより、私が東京逓信病院で研修してよかったのは、同僚や上級医、他の医療スタッフも人間的に素晴らしい方ばかりで病院の雰囲気が温かいところです。研修医になるべく多くの機会を与えて、育てようとする文化の中で、優秀で面倒見の良い先生方に囲まれる、それが、私を前向きに、有意義な研修生活に駆り立ててくれる最も大きな原動力に違いありません。そのような雰囲気をぜひ見学に来て感じ取っていただきたいです。

プログラム責任者から

「プログラム責任者から」 副院長兼神経内科部長 椎尾 康

 当院の臨床研修では、内科、外科を中心にプライマリケアを体得することを目標にしています。当たり前のことですが、研修医は学生ではありません。診療科のチームの一人として、主体的かつ貪欲に患者さんを診療し続けた研修医だけが、2年後に東京逓信病院で研修して良かったと実感できるのです。忙しかったり大変な場面も多いですが、そんな時にこそ成長していたことに後で気づくはずです。それは長い医師としての人生においてかけがえのない財産になります。二度とそのチャンスはありませんから、がんばってついてきてください。
 二年目になると一年生や医学部学生を教育する立場にもなります。若いエネルギーが病院を活性化してくれるのです。そして何よりも、元気いっぱい、笑顔いっぱいの楽しい研修医生活を満喫していただきたいと願っています。我々もまた、皆さんとともに成長できることを楽しみにしています。

病院見学について

 【病院見学一部再開のお知らせ】

 新型コロナウイルス感染症の拡大による緊急事態宣言の発令に伴い、4月26日(月)から病院見学を中止していましたが、6月1日(火)より、一定の条件を満たした方に限り、病院見学を再開することといたしました。
 なお、条件については研修担当(kensyu<アト>tth-japanpost.jp)までお問い合わせくださいますよう、お願い申し上げます。
※迷惑メール対策のため、メールアドレス表記を変更しています。
<アト>を@に変えて送信してください。

(2021年5月26日現在)

申込方法

 所定の「病院見学申込書」に必要事項を記入し、以下の書類を添えて郵送で申し込んでください。
 ※希望日の2週間前(救急総合診療科は1か月前)までに、病院に到着するように郵送してください。
 

申込書類

 ・ 病院見学申込書(116KB)
 ・ 学生証のコピー

申込先(郵送先)

 〒102-8798
 千代田区富士見2-14-23
 東京逓信病院 経営管理課職員係(研修担当)
 ※封筒に必ず「見学申込書在中」と明記してください。

見学受け入れ日などの連絡

 受け入れ日などは郵送または電子メールでご連絡します。
 なお、見学希望日に受け入れが不可能な場合は、改めて日程を調整します。
 ※クリニカル・クラークシップ等の病院実習については、別途大学発行の依頼状が必要となります(見学申込書での申込みはできません)。詳しくは、下記問い合わせ先までメールにてご照会ください。

問い合わせ先

 ご不明の点は下記までご連絡ください。
 東京逓信病院 経営管理課職員係(研修担当)
 TEL:03-5214-7117
 MAIL:kensyu@tth-japanpost.jp

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です