ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  採用情報  医師の募集  内科専門医研修プログラム
ここから本文です。

内科専門医研修プログラム

東京逓信病院では、新専門制度の内科系専攻医を基幹施設として募集します。
まずは見学にいらしてください。

2020年度 内科専門医研修プログラム内科専攻医募集要項

応募資格

2020年3月臨床研修修了見込者

募集人数

3名(予定)

勤務期間等

2020年4月1日から3年間の研修です。
この間、連携施設での研修もあり、連携施設での研修中は、連携施設の所属(採用)となります。

3年目(採用1年目)は原則として内科系ローテーションになります。当院では、消化器内科、神経内科、呼吸器内科、循環器内科、腎臓内科、内分泌代謝内科・血液内科の5つのブロックに分かれており、1年間のローテーションで、専門医試験受験に必要な各分野の症例を効率よく経験することができます。当院には22名の内科指導医と、18名の総合内科専門医が在籍しており、指導体制は大変充実しています。4年目以降は内科ローテーションも可能ですが、専攻科を中心に勉強していただき、内科専門医試験とサブスペシャリティの学会専門医の取得を目指します。
各科とも症例発表、論文発表にも力を入れており、専攻医の先生方の学会活動もバックアップしています。

なお当院基幹プログラムの場合、連携施設は以下の通りで、都心部にある近隣の病院が多いです。

NTT東日本関東病院
大森赤十字病院
河北総合病院
関東中央病院
三楽病院
JCHO 東京山手メディカルセンター
JR 東京総合病院
自治医科大学附属さいたま医療センター
東京警察病院
東京大学医科学研究所附属病院
東京大学医学部附属病院
日本赤十字社医療センター
東京都立駒込病院
東京都立墨東病院
三井記念病院
北里大学病院
北里大学東病院

当院の施設認定(内科系)は以下をご覧ください。

施設認定(内科系)一覧(2018.4現在)【55KB】

プログラムの詳細は以下をご覧ください。

2019年度 東京逓信病院内科専門医研修プログラム【926KB】
(2018.7.10公表、一次審査済)

当院での研修中の処遇

(1)常勤・非常勤の別
    非常勤
(2)給与
    月収約55万円(時間外手当、当直手当を含みます。勤務状況によって変動があります。
(3)休暇
    原則、採用6ヵ月後、10日間有給休暇を発給するほか、その他特別休暇制度があります。
(4)福利厚生
    厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険、年2回の健康診断有
(5)その他
  ア 病院として医師賠償責任保険に加入しますが、念のため個人でも加入していただいた方が安心です。
  イ 学会出張については筆頭発表者には旅費、宿泊費が支給されます。
  ウ 図書室が整備されており、各種和洋雑誌(洋雑誌はオンラインジャーナルを含む)が揃っています。
  エ パソコンが貸与されます。
  オ 連携施設での研修中の処遇等は、連携施設の規定によります。

病院見学会のご案内

2時間程度で簡単にプログラムを説明し、院内の様子をご案内します。
参加を希望される先生は下記までご連絡ください。
集合場所等はメールでお知らせします。

なお、病院見学は個別にも随時受け付けています。

研修医やスタッフ、病院の様子がよくわかると思いますので、是非見学にいらしてください。
その場合、事前に下記までご連絡ください。

東京逓信病院 経営管理課総務係
TEL:03-5214-7144
E-mail : soumu@tth-japanpost.jp 

後期研修中のDrの声

 「内科ローテーションで知識を深められます」 消化器内科 時任 佑里恵

 私は消化器内科医として、後期研修を東京逓信病院で過ごしています。当院での後期研修を希望した一番の理由は、内科ローテーションができる点です。東京逓信病院では新専門医の制度より前から後期研修でローテーションを取り入れております。臨床研修医の2年間は、内科をメインで研修をしてきましたが、消化器内科を進むと決めた時、他の内科をもう一度研修し、より理解を深めたいと考えました。高齢化が進む中で、消化器内科に入院する患者さんでも、他の疾患を持ち合わせている場合が多く、総合的に1人の患者さんを診るためにも内科の知識を深めたいと考えました。
 各科をローテーションすることで、各疾患についてより理解を深めることはもちろんのこと、治療方針については大まかなプランを立て上級医に提案するなど、臨床研修医の時より一歩進んだ形での研修を送るように心がけてきました。また各科へのコンサルトのタイミングやコンサルト時にどのような情報を提示すれば良いのか、といった視点を持ち学ぶことができました。
 また、週に1回一般内科外来の枠を任され、早い段階で外来を経験することができます。主訴も様々で、限られた時間の中で鑑別を挙げ検査の計画を立て、方針を決定する事は大変苦労しますが、今後専門外来を診ていく上で必要な力を鍛えることができると感じています。
 さらに、当直を通じて急患への初期対応や診断をつけ、臨床研修医への指導をすることも経験できます。
 病院の雰囲気はとてもアットホームで、コンサルトもしやすく、また患者さんからも愛される病院であり、とても働きやすい環境です。先生方は専門への知識に対して貪欲であり、メリハリのついた生活を送っている方ばかりです。みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

 「治療現場の連携を体験」 呼吸器内科 布田 圭一

 病院によって特徴はさまざまですが、3年目で内科を一通り学べるプログラムが東京逓信病院の魅力でした。指導医の先生も熱心で相談もしやすいです。
 内科後期研修が新制度になる前から、3年目の内科ローテート制が行われていたので、受入体制は整っています。
 各診療科の垣根が低いのも特徴のひとつ。神経内科で担当した重症筋無力症の患者さんが詳しい検査をしたら、胸腺腫を合併していることがわかり、呼吸器内科と兼科ということになりました。私は神経内科にいたのですが、2つの診療科の先生方が連携する様子を目の当たりにすることができました。
 患者さんの疾病は1つとは限らない ― この体験も東京逓信病院だから可能だったのだと思います。

 「内科ローテーションが魅力的」 呼吸器内科 内田 英彦

 私は、現在呼吸器内科専攻医として勤務しております。
 東京逓信病院では、内科新専門医制度に変わる以前より、3年目で内科ローテーションを行っており、受け入れ態勢は整っており、内科全般を学ぶことができます。私は初期研修医でも内科をメインにローテートしておりましたが、3年目での内科ローテーションでは、治療方針をある程度自分でプランニングし上級医とディスカッションするなど、一歩踏み込んだ研修を行うことができました。
 また、3年目の4月より毎週、一般内科外来を行い、早い段階で外来を経験することができます。最初は大変苦労しますが、限られた時間の中で鑑別疾患を挙げ検査・治療の計画を立て、方針を決めていくので外来対応能力が非常に身につくと思います。
 また、内科当直を通じて急患への初期対応能力や、初期研修医への指導をすることができるので、非常に勉強になります。
 また、東京逓信病院では、地域に根差す第一線の急性期病院であることや、主治医制であり、入院から退院まで継続的に診断・治療ができることなどから、患者さん一人一人に適切な医療を提供する能力を身につけることができると思います。みなさんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしております。

 「内科研修の魅力」 血液内科 木村 萌

 東京逓信病院の3年目の最大の魅力は、内科ローテーションです。1年間を通して内科各科をしっかり学べます。上級医の先生方に優しく指導していただきながら、担当医として多くの患者さんの近くに寄り添い充実した病棟研修を行えます。
 また、定期的に内科の外来枠、内科当直を受け持つので様々な主訴の患者さんを新規に診察して鑑別疾患をあげ、診断・治療へ繋げていくための総合的で実践的な内科診療を経験できます。さらに内科症例勉強会や病理検討会など、病院内での勉強会も定期的に開催されるため、医学知識を深める機会も多く充実しています。

応募方法

応募書類を、下記応募先に郵送してください。
(封筒の表面に「内科専攻医 応募」と赤書きしてください。)
また、下記応募先のメールアドレスあてに、応募書類発送日、所属、氏名をお知らせください。

【応募書類】
指定の履歴書 右からダウンロードして記入してください。rirekisho.pdf(86KB)

【応募先】
〒102-8798 東京都千代田区富士見2-14-23
東京逓信病院 経営管理課総務係
TEL : 03-5214-7144
E-mail : soumu@tth-japanpost.jp 

応募締切

未定

選考方法

(1)書類選考
(2)面接
(3)健康診断(後日、採用予定者のみ実施)

書類選考後に、面接日をご連絡します。面接場所は当院です。
その際、医師免許証、保険医登録票をお持ちください。

選考の結果は個別にご連絡しますので、必ず内定の通知を受けてから、日本専門医機構の専攻医登録(応募)システムに登録してください。

お問い合わせ先

ご不明な点がありましたら、以下までご連絡ください。

〒102-8798 東京都千代田区富士見2-14-23
東京逓信病院 経営管理課総務係
TEL : 03-5214-7144
E-mail : soumu@tth-japanpost.jp

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です