ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  診療科のご案内  形成外科  貧血について
ここから本文です。

貧血について

貧血とは

 血液中のヘモグロビン(血色素)濃度が低下することです。
 ヘモグロビンは酸素を全身に配るのに必要ですので、ヘモグロビンが低下する=酸素欠乏状態 となっています。
 貧血の症状は、疲れやすい・運動すると息が切れる・頭痛 などですが、体が慣れてしまうと重症な貧血でも症状がないこともあり、
 症状がない=放置してもよい ではありません。
 貧血=鉄不足 と思われるかもしれませんが、鉄が足りている貧血もあります。

こんな方 いらっしゃいませんか?

 健診で貧血っていわれて「要治療」って書いてあるけど、症状ないからいいでしょ。
 治療した事あるけど、鉄の薬の副作用ひどくって続けられないわ。
→ 錠剤にもいろいろな種類があります。合う薬を一緒に探しましょう。
 鉄剤を飲み続けても、貧血が良くならない。
 閉経したのに貧血
 男性の貧血
当院の書籍:『病気&診療 完全解説BOOK』も参考にしてください。

受診について

* 紹介状がなくても予約はできますが、選定療養費がかかります。
* 受診前に、問診票(97.9KB)をダウンロードして記載して来ていただくと時間の節約になりますので、ぜひご利用ください。
* なるべく以前の検査結果もご持参ください。
 なお、採血結果がないけれど貧血だと思う、という方は、まずお近くのクリニックを受診して、その症状が貧血によるものなのか判断してもらってください。

血液内科のページへ戻る

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です