ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
各科専門外来のご案内  めまい専門外来
ここから本文です。

めまい専門外来

はじめに

耳鼻咽喉科では、めまいで受診された方にまずくわしく病歴やめまいの症状をうかがい(問診)、検査や治療方針を立案します。

耳鼻咽喉科で行うめまいの検査

続いて以下のような検査を行っていきます。

さらに詳しい検査

さらに詳しい検査として、当科では次の検査も行っています。

耳鼻科で行うめまい治療

めまいに対しては薬物治療の他に、生活指導や前庭リハビリテーション(めまい体操)も効果があります。
耳石の一部が三半規管の中に迷い込むことでおこる良性発作性頭位めまい症(BPPV)に対しては、頭部をいろいろな方向に動かすことにより耳石を元あった場所に戻す「エプリー法」や「レンパ―ト法」という理学治療が行われます。耳石の迷い込んだ位置によって頭の動かし方は異なりますので、まずは正確な診断が必要です。

メニエール病に対しては、内耳のむくみ(内リンパ水腫)を取るためにイソソルビドシロップなどの薬物治療も行います。内服薬で効果がない場合、鼓室内注入術という局所薬剤治療が行われることもあります(鼓膜の奥にステロイドまたは抗生物質のゲンタシンを注入し、間接的に前庭神経を動かないようにする治療法です)。
このような治療でも効果がなく難治性でめまいが頻発する場合に、中耳加圧装置という機会を用いる治療があります。これは海外で効果が確認されており、日本でも2018年9月に保険適用となった新しいメニエール病の治療法です。当院でも準備を進めています。

さらに難治性の場合には、内リンパ嚢開放術という、全身麻酔下に側頭骨の中に埋まっている内リンパ嚢を切開開放して、溜まりすぎたリンパ液のはけ口を作る手術も行われます。

めまい専門外来に受診をご希望の方は

まずは、耳鼻咽喉科の一般外来を受診してください(医師は誰でも構いません)。その後、必要に応じて医師がめまい専門外来を予約しますので、ご相談ください。

耳鼻咽喉科で扱うめまい

耳鼻咽喉科のページへ

各科専門外来のご案内へ

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です