ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  診療科のご案内  血液内科
ここから本文です。

血液内科


“健康診断で貧血といわれた”“白血球、血小板の数が異常だといわれた”“首のリンパ節の腫れが消えなくて気になる”“ぶつけてもいないのにあざがよくできる”・・・こんな時に血液内科への受診をお勧めします。病気かどうか分からないけれど心配な時は気軽に電話で予約してください。なお、今までの健康診断の結果や治療経過は診療に有用ですのでぜひご持参ください。

専門分野

各種貧血、多血、血小板減少や、高齢化に伴い増えつつある骨髄異形成症候群、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの診断・治療を専門にしています。準無菌室も2室(個室)あります。セカンドオピニオンもお受けしています。

特色

血液内科として専門に扱っている病気は、長く付き合うものが多く、ご自分で病気をしっかり把握して自己管理をしていただくことがとても大切です。そのため、当科では、病名だけではなく、病気の仕組み、何をどう気をつけどのような生活を送ればよいのか、どのような治療があるのかをきちんとご説明することを心がけております。

主な対象疾患

スタッフ紹介

主任医長
水地 大輔
(みずち だいすけ)
卒業年:
1994年
専門分野:
血液疾患全般
資 格 等:
日本医師会認定産業医
骨髄移植推進財団調整医師
難病指定医
東京医科歯科大学医学部臨床教授
医長
渡邉 大介
(わたなべ だいすけ)
卒業年:
2007年
専門分野:
血液疾患全般
資 格 等:
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本血液学会専門医・指導医
難病指定医
粂川 華恵
(くめかわ はなえ)
卒業年:
2006年
専門分野:
血液疾患全般
資 格 等:
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本血液学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
難病指定医
中田 康允
(なかた やすまさ)
卒業年:
2019年
専門分野
血液疾患全般
資 格 等:
 

(2022年4月1日現在)

主な治療方法・クリティカルパス

主な検査・診断方法

認定施設

実績

外来は月平均500人、入院は常時17人前後で化学療法を主に行っています。

過去3年間の主な入院疾病(複数回入院含まず)は次のとおりです

入院患者数(人)2021年度 2020年度
2019年度
初発悪性リンパ腫22 22 20
悪性リンパ腫36 37 31
急性白血病18 17 13
骨髄異形成症候群12 17 15
多発性骨髄腫13 11 12
検査件数(件)2021年度2020年度 2019年度
骨髄検査154 152 143

外来医師担当表

外来医師担当表

各医師の外来診療予定日です。

東京逓信病院編著「身近な病気がよくわかる!病気&診療 完全解説BOOK」執筆内容

臨床研究への参加等

第12次ATL全国実態調査
概 要:
本邦における成人T細胞性白血病・リンパ腫(ATL)の病態と診療実績を明らかにすることで、今後の診療体制の整備に役立てることを目的とした調査
対象患者:
2012年1月1日から2013年12月31日までに当院で診断されたATLの患者さん
研究代表者等:
埼玉医科大学国際医療センター 塚崎 邦弘先生
血液疾患症例登録事業
概 要:
本邦における造血器疾患の発生状況、各疾患の予後などを調査する疫学研究
対象患者:
2012年1月1日以降に確定診断された造血器疾患の患者さん
研究代表者等:
一般社団法人日本血液学会 研究責任者 松村 到先生
血液疾患症例登録事業についての詳細はこちら(433KB)をご覧ください
環状鉄芽球および血小板増加症を伴う骨髄異形成症候群/骨髄増殖性腫瘍の後方視的解析
概 要:
「環状鉄芽球および血小板増加症を伴う骨髄異形成/骨髄増殖性腫瘍」と診断された方を対象に、遺伝子異常の有無や臨床経過を調査し、本邦での実態を明らかにすることを目的とした研究
対象患者:
2000年1月1日から2020年12月31日に当院血液内科でMDS/MPN-RS-TまたはRARS-Tと診断された方
研究代表者等:
順天堂大学医学部附属順天堂医院血液内科 研究責任者 枝廣 陽子先生
本研究についての詳細はこちら(128KB)をご覧ください

※これら臨床研究に提出するデータから、お名前・住所など患者さんを直接同定できる個人情報は削除されています。

お知らせ

調整医師感謝状
水地医師が、公益財団法人骨髄移植推進財団から感謝状を授与されました。

この感謝状は、同財団に登録している骨髄移植に関する調整医師の中で、特に貢献度が高い医師に対して贈られるものです。
水地医師は調整医師として10年以上、ドナー(提供者)に対する確認検査や最終同意面談に携わっており、現在は年間20件以上の調整を実施しています。

けんこう家族掲載記事

第138号 2020年10月1日発行

貧血ってなに?
血液内科 主任医長 水地 大輔

アンケートにご協力ください

皆様にとって、より使いやすいホームページにするため、是非ご意見をお聞かせください。

<ご覧いただいているこのページについてお尋ねします>

このページは役に立ちましたか?

役に立った
ふつう
役に立たなかった

このページの表現やレイアウトは、分かりやすかったですか?

分かりやすかった
ふつう
分かりにくかった

このページの情報は探しやすかったですか?

探しやすかった
ふつう
探しづらかった

このページの情報量は適当ですか?

適当
詳しすぎる
足りない

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です