ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  診療科のご案内  消化器内科
ここから本文です。

消化器内科


消化器内科部長  光井 洋 消化器内科部長  光井 洋

1.丁寧な診療 朝全員での回診は10年以上の実績があります

2.緊密な連携 内科系、外科、放射線科、臨床検査科などの院内各科、及び他の医療機関との緊密な連携のもとで、レベルの高い急性期診療を行っています。

3.レベルの高い急性期診療 診療レベルの向上のため、学会・研究会での発表・検討に力を入れています。卒後の臨床研修を希望する医学生の見学・実習も多数受け入れています。

4.つらくない内視鏡検査・治療 当科での内視鏡検査・治療を受けた方々の感想です。希望により鎮痛剤使用下でも御対応します。小腸内視鏡、早期胃癌、早期大腸癌、早期食道癌の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)も行っています。

5.コミュニケーションの良いチーム医療 医師、看護師、技師、薬剤師、栄養士、事務などの各職種と、患者さま・ご家族との風通しのよいコミュニケーションを大切にしています。

6.快適な入院病棟 江戸城外濠と桜並木を見下ろす、緑の多い閑寂な環境に立地します。広く開放的な病室と、明るい看護職員の手厚い看護が良質な療養環境を提供します。

専門分野

当科では、悪性腫瘍(胃癌大腸癌、肝細胞癌など)のほか、ヘリコバクター・ピロリの除菌、胃・十二指腸潰瘍、食道静脈瘤、大腸ポリープ、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)、C型慢性肝炎、B型慢性肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎などを専門に治療しています。
現在、他の医療機関から多くのご紹介をいただいております。また、入院患者さん(単数)の約1/3が予定外入院(当日緊急、日当直帯、救急車を含む)であって、急性期病床として活動中です。
※2016年4月から、原発性胆汁性肝硬変が「原発性胆汁性胆管炎」に改称されました。

外科との緊密な連携を保つため、毎週火曜日朝に合同カンファレンス(キャンサーボードⅡ)を行い、主として癌患者さんの一週間の治療方針を検討し、決定しています。また、月に1回、外科、放射線科、病理診断科を交えて、症例検討会(キャンサーボードⅠ)を行っています。内科全体での症例検討会(CC)は2週に1度、病院としてのCPC(剖検患者さんの臨床・病理カンファレンス)も2週に1度、後者の検討内容は、医学雑誌「逓信医学」に掲載されています。

当科は日本内科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会等の教育病院でもあり、研修医や専修医が腕をみがいています。このため学会研究会での発表も精力的に行っています。また、東京大学医学部等の医学生の教育にも参加しています。

主な対象疾患

スタッフ紹介

部長
光井 洋
(みつい ひろし)
経験年数:
35年
専門分野:
肝臓疾患を中心に消化器疾患全般
資 格 等:
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本肝臓学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本医師会認定産業医
難病指定医
医長
小林 克也
(こばやし かつや)
経験年数:
23年
専門分野:
消化器内科学、胃腸胆膵系、内視鏡診断・治療、炎症性腸疾患
資 格 等:
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本消化管学会胃腸科専門医
日本ヘリコバクター学会H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
ICD制度協議会ICD(感染制御医)
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
身体障害(膀胱又は直腸機能障害)指定医
身体障害(肝臓機能障害)指定医
難病指定医

加藤 知爾
(かとう ともじ)
経験年数:
16年
専門分野:
消化器疾患全般 、消化管早期癌の内視鏡治療、
消化管癌化学療法、超音波内視鏡
資 格 等:
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
難病指定医
松井 徹
(まつい とおる)
経験年数:
14年
専門分野:
消化器疾患、特に肝胆膵
資 格 等:
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本医師会認定産業医
難病指定医
古谷 建悟
(ふるたに けんご)
経験年数:
8年
専門分野:
消化器疾患全般
資 格 等:
日本内科学会認定内科医・指導医
兼務(内視鏡センター長)
関川 憲一郎
(せきがわ けんいちろう)
経験年数:
30年
専門分野:
ヘリコバクター・ピロリ、炎症性腸疾患、消化器疾患全般、内視鏡診断・治療
資 格 等:
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、関東支部評議員
日本消化器病学会専門医・指導医、関東支部評議員
日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
日本肝臓学会専門医
日本ヘリコバクター学会H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
日本医師会認定産業医
千代田区胃内視鏡検診部会委員
難病指定医
兼務(人間ドックセンター長)
古畑 総一郎
(ふるはた そういちろう)
経験年数:
31年
専門分野:
消化器疾患全般、内視鏡診断・治療
資 格 等:
人間ドック認定指定医
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
難病指定医
兼務(人間ドックセンター)
雅楽川 英樹
(うたがわ ひでき)
経験年数:
17年
専門分野:
消化器疾患全般、内視鏡診断・治療
資 格 等:
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
人間ドック健診専門医・指導医
日本医師会認定産業医
難病指定医
鈴木 祥代
(すずき さよ)
経験年数:

専門分野:
消化器疾患全般
資 格 等:

内藤 恵理
(ないとう えり)
経験年数:
3年
専門分野:
消化器疾患全般
資 格 等:


非常勤医師
松川 雅也専門治療:消化器疾患全般
関根 昌子専門治療:消化器疾患全般

(2020年5月18日現在)


主な治療方法・クリティカルパス

主な治療の入院日数・料金

疾患名パス名
入院日数
料金(3割負担)
大腸ポリープ大腸ポリープ(2日)
検査のみ
2日35,000円
大腸ポリープ大腸ポリープ(2日)
ポリペクトミー
2日47,000円
大腸ポリープ大腸ポリープ(3日)
ポリペクトミー
3日 60,000円
※料金は3割負担の場合のめやすを示しています。

主な検査・診断方法

認定施設

実績

 内視鏡の実績としては、上部内視鏡が3,524件で、下部が2,376件。大腸ポリープの切除は1,154件。早期がんに対する粘膜下層剥離術(ESD)は、胃と食道併せて41件、大腸52件で年間計93件です。大腸ESDが著明に増加しています。内視鏡センターは設備が整っており、内視鏡室4ブースに加え、専用トイレ6室、前処置室、洗浄室と鎮静検査後のリカバリー室があります。

 年間の入院患者数は1,141人(前年比145増)。急性肝炎や肝硬変・肝不全、肝細胞がん、大腸憩室出血や憩室炎、急性膵炎、ESD目的など多彩な患者さんが入院されています。外来診療では、ピロリ菌除菌やC型慢性肝炎に対する新規のDAAs経口剤による治療、自己免疫性肝障害(自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎)に対する治療、炎症性腸疾患に対する治療などを行っています。
 入院は主に8階西病棟でとても眺めが良く、広く開放的な病室と明るい看護職員の手厚いケアで、良質な療養環境を提供します。

主な検査・治療症例数(2017~2019年度)

検査・治療症例数(件)2019年度2018年度2017年度
上部消化管内視鏡検査3,5243,3513,369
下部消化管内視鏡検査2,3762,0862,144
大腸ポリープ切除1,1541,0501,034
ESD(胃、食道)413844
ESD(大腸)523211
EUS(IDUS(管腔内超音波検査)含む)296940
EUS-FNA(膵臓・消化管)3069
消化管出血入院795439
ERCP(結石除去、ステント挿入を含む)1094836
食道静脈瘤治療182215
小腸カプセル内視鏡91115
RFA(ラジオ波焼灼療法)342830
肝動脈塞栓術 25 24 24
C型肝炎新規経口薬治療(DAAs治療)91823


その他実績2019年度 2018年度 2017年度
外来患者総数(延べ)23,527人23,417人23,687人
外来初診患者数1,018人948人1,004人
入院患者総数(延べ)10,459人10,644人 10,442人
新入院(単人数)1,141人996人938人
平均在院日数(日)10.1日12.4日14.2日


外来医師担当表

外来医師担当表

各医師の外来診療予定日です。

けんこう家族掲載記事

第135号 2020年1月1日発行

ネコ先生の『神楽坂通信』Vol.4
消化器内科 部長 光井 洋

第134号 2019年10月1日発行

ネコ先生の『神楽坂通信』Vol.3
消化器内科 部長 光井 洋

第132号 2019年4月1日発行

ネコ先生の『神楽坂通信』Vol.2
消化器内科 部長 光井 洋

第131号 平成31年1月1日発行

ネコ先生の『神楽坂通信』Vol.1
消化器内科 部長 光井 洋

第129号 平成30年7月1日発行

肝硬変と肝細胞がんについて
消化器内科 部長 光井 洋

第117号 平成27年7月1日発行

大腸癌の内視鏡治療
消化器内科 医長 大久保 政雄

第111号 平成26年1月1日発行

アルコールと消化器の病気
消化器内科 主任医長 光井 洋

第109号 平成25年7月1日発行

ヘリコバクター・ピロリ感染症と除菌について
消化器内科 医長 大久保 政雄

第97号 平成22年7月1日発行

食中毒に要注意
消化器内科 医長 関川 憲一郎

東京逓信病院編著「身近な病気がよくわかる!病気&診療 完全解説BOOK」執筆内容

臨床研究への参加等

 

臨床研究名称責任者名
AI(人工知能)による内視鏡画像自動診断(病変拾いあげ)
システムの実証実験

※詳細はこちら(211KB)
関川 憲一郎

アンケートにご協力ください

皆様にとって、より使いやすいホームページにするため、是非ご意見をお聞かせください。

<ご覧いただいているこのページについてお尋ねします>

このページは役に立ちましたか?

役に立った
ふつう
役に立たなかった

このページの表現やレイアウトは、分かりやすかったですか?

分かりやすかった
ふつう
分かりにくかった

このページの情報は探しやすかったですか?

探しやすかった
ふつう
探しづらかった

このページの情報量は適当ですか?

適当
詳しすぎる
足りない

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です