ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  診療科のご案内  リハビリテーション科
ここから本文です。

リハビリテーション科


 入院では、脳卒中を中心として各種疾患の急性期より、当科と各科・主科との連携を重視し、理学療法・作業療法・言語聴覚療法を必要に応じて適切に実施し、早期からの離床を心がけています。
 外来では、脳卒中後遺症等に対するボツリヌス毒素治療を積極的に実施しており、豊富な経験を生かし、上下肢痙縮(つっぱり)への治療を提供します。さらに、失語症への訓練、治療用装具の処方、呼吸器疾患の周術期リハ等が可能です。
 スタッフ一丸となり、患者さんのQOL向上につながるリハビリテーションを提供します。

専門分野

 外来では、脳卒中後遺症による片麻痺を有する方へ、上・下肢痙縮に対するボツリヌス毒素治療(ボトックス®、NESSシステム®を使用した電気刺激療法を積極的に行っております。
 その他、義肢・装具、失語症、呼吸器疾患の周術期、書痙・ジストニアに対する専門治療を実施しています。
 入院では、院内他科入院中の患者さんを中心に対応しています。脳卒中、神経疾患、骨折、人工関節・靭帯損傷・各種疾患の術後、慢性閉塞性肺疾患・呼吸器疾患の周術期、腫瘍・緩和ケア、摂食・嚥下機能障害、排尿障害等で対応可能です。
※当科では、リハビリテーションを目的とした入院は受け付けておりません。

特色

 脳卒中(脳血管障害)の患者さんでは、入院中の各種訓練のほか、在宅復帰を目標とした支援、自宅環境調整、復職へ向けた評価等で対応可能です。

 入院では、適宜各科とのカンファレンスを実施することにより、リハビリテーション科と各科との連携を重視し診療にあたっております。当院で行われるリハビリテーションの内容は、障害や能力に合せて理学療法・作業療法・言語聴覚療法を、必要に応じて適切に組み合わせて提供しております。最近は、長寿の方々や元々障害のある患者さんが増加傾向にあり、早期からの離床を心がけております。
 呼吸器疾患の周術期リハビリテーション、パーキンソン病に対する運動指導、排尿障害に対するケア・リハビリテーションを行っております。栄養サポートが必要な患者さん、褥瘡のある患者さんに対して、リハビリテーションの視点から適宜アドバイスをしています。
 回復期のリハビリテーションが必要となる方に関しましては、脳卒中連携パスなどを積極的に活用して、連携先の病院へより良い状態でスムーズにリハビリテーションが引き継がれるよう配慮しております。

ボツリヌス(ボトックス®)毒素治療のご案内

 外来でのボツリヌス毒素治療では、豊富な経験を生かし、上・下肢痙縮(つっぱり)・かぎ爪様趾等への治療を提供しております。上肢や手指、下肢のつっぱりが強いために、リハビリテーションが上手く行かず困っておられる方は、是非ご相談ください。診察をした上で、注射の計画を立てていきます。

ボツリヌス(ボトックス®)毒素治療のご案内

当院での治療をご希望の方

失語症外来訓練のご案内

当院では通院できる方を対象として失語症の外来訓練を行っています。
全体構造法(JIST法)という訓練法を用いて、「話ことば」中心の訓練を行っています。
(JIST法の詳細はhttp://www.jist.org をご覧ください)
ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

失語症外来訓練の流れ

失語症外来訓練の流れ

※患者さんの状態によってはリハビリをお受けできない場合もございますのでご了承ください。

※ご不明な点がありましたら医療福祉相談室(03-5214-7728)までご相談ください。

主な対象疾患

スタッフ紹介

部長
平岡 久忠
(ひらおか ひさただ)
卒業年:
1987年
資 格 等:
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会関節鏡技術認定医(膝)
原 貴敏
(はら たかとし)
卒業年:
2009年
専門分野:
脳卒中のリハビリテーション
脳外傷・高次脳機能障害のリハビリテーション
資 格 等:
日本リハビリテーション医学会専門医・指導医
療法士
理学療法士10名、作業療法士6名、言語聴覚士2名
日本理学療法士協会認定理学療法士(脳卒中)がいます

(2021年4月1日現在)

主な治療方法・クリティカルパス

主な検査・診断方法

認定施設

実績

外来
  • 装具外来は木曜日午後2時(要予約)
訓練
1日の利用人数
理学療法100人前後
作業療法50人前後
言語聴覚療法20人前後
検査

嚥下造影 は毎週金曜日午後3時~午後4時(4件まで)

※事前の診察が必要です。

施設基準
  • 理学療法士10名 脳血管疾患等リハビリテーション料(I)
  • 作業療法士6名  廃用症候群リハビリテーション料(I)
  • 言語聴覚士2名  運動器リハビリテーション料(I)
             呼吸器リハビリテーション料(I)
             心大血管リハビリテーション料(I)
             がん患者リハビリテーション料
検査件数(件)2019年度 2018年度 2017年度
嚥下造影 17 13 17
ボツリヌス毒素治療 42 50 25
患者数(人) 2019年度 2018年度 2017年度
脳神経外科入院訓練対象患者数 72 67 76
神経内科入院訓練対象患者数 546 461 415
整形外科入院訓練対象患者数 1,305 1,278 1,130
その他入院訓練対象患者数 1,049 742 963

外来医師担当表

外来医師担当表

各医師の外来診療予定日です。

東京逓信病院編著「身近な病気がよくわかる!病気&診療 完全解説BOOK」執筆内容

けんこう家族掲載記事

第137号 2020年7月1日発行

リハビリテーション科のご紹介
リハビリテーション科 医師 山田 尚基

リハビリ体操のご紹介

第122号 平成28年10月1日発行

リハビリテーション科の紹介(入院リハビリ)
リハビリテーション科 主任医長 巷野 昌子

アンケートにご協力ください

皆様にとって、より使いやすいホームページにするため、是非ご意見をお聞かせください。

<ご覧いただいているこのページについてお尋ねします>

このページは役に立ちましたか?

役に立った
ふつう
役に立たなかった

このページの表現やレイアウトは、分かりやすかったですか?

分かりやすかった
ふつう
分かりにくかった

このページの情報は探しやすかったですか?

探しやすかった
ふつう
探しづらかった

このページの情報量は適当ですか?

適当
詳しすぎる
足りない

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です