ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  健康情報  病院だより「けんこう家族」  けんこう家族 第136号【9】
ここから本文です。

けんこう家族 第136号【9】

| 目次 |

ナースステーション 糖尿病療養指導・フットケア外来

糖尿病看護認定看護師
松倉 彩乃

当院では糖尿病の患者さん対象の看護外来が2つあります。まず糖尿病療養指導外来では、糖尿病患者さんの日常的な療養生活でのご相談や生活指導を行っています。糖尿病と言っても1人1人使用する薬剤や運動・食事の指示が違うように、患者さんの生活背景を聞いてそこから一緒にどうしたらいいか考え、個別性のある指導をしています。フットケア外来では糖尿病の合併症の1つである神経障害や足のトラブルがある患者さんに、実際に足を見せてもらっています。自宅で出来るフットケアの方法や、爪切りやタコなどの処置を皮膚科医師の指導の下で行っています。

私の外来にいらっしゃる患者さんからよく聞くのは「血糖値をよくしたいのに何をしたらいいか分からない」「糖尿病を悪くしたくない」ということです。糖尿病は生活習慣が悪いだけで発症するものではありません。皆さん忙しい中で通院し、自分の疾患と向き合って頑張っているのを見て、私も少しでも役に立てればとこの2つの外来運営をしています。医師にはあまり聞けない事や心配事、また、こちらから患者さんに合わせた療養生活の送り方などをお話しし、少しでも患者さんが健康的な生活を送るお手伝いをさせてもらえればと思っています。

フットケア外来 糖尿病療養指導

| 目次 |

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。
ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です