ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  診療科のご案内  精神科  適応障害
ここから本文です。

適応障害

病気について

 適応障害は、神経症の一種です。仕事や学校、家庭生活にうまく適応できず、不安や抑うつ、不眠といった神経症症状をきたしてしまう一群に、こう名付けられています。
 当院はこの適応障害については特に多くの患者さんの診療を行ってきましたため、特に取り上げています。

診断について

 他の神経症と同じく、本人の話から現症と病歴を明らかにしていきますが、職場の上司や家族など、問題となる環境における関係者からの情報も、有用なことがあります。

治療について

 他の神経症と同じく、健康的な生活に加えて対症療法を行うこともありますが、加えて、環境調整と本人の適応力向上が、治療に有用です。環境調整については、問題となる職場や学校・家庭等の協力に左右されるところも大となります。本人の適応力向上は、特に職場への適応障害について、最近「リワーク」という、本人の適応力を向上させて復職を目指す施設ができています。当院でも、主に郵政職員を対象としたリワークセンターが活動中です。

精神科トップページへ

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です