ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  健康情報  病院だより「けんこう家族」  けんこう家族 第116号【2】
ここから本文です。

けんこう家族 第116号【2】

| 目次 |

乳腺外来について

外科主任医長 緒方 晴樹

外科主任医長
緒方 晴樹

今回は、私たちが担当する「乳腺外来」について、ご説明いたします。

乳腺とは、「おっぱい」を少し詳しく説明した医学用語になります。「おっぱい」は、医学用語では「乳房」に当たり、その中身の母乳を作る腺の集まりを「乳腺」と呼びます。葡萄の房を思い描くとわかりやすいと思います。この乳腺におきる病気を診断、治療する科が乳腺外科です。

乳腺におきる最も手強い病気が、乳がんです。40〜50歳に最も多く、女性のがんの中で罹患率(がんになる率)ナンバー1です。働き盛りの女性を襲う恐ろしいがんですが、早期発見・適切な治療が完治への最善の道筋です。硬いしこりを認めて診断に至ることが多い病気ですが、最近は検診によって、しこりを自覚する前に発見される「非触知乳がん」も多くなりました。しこり以外にも、違和感や乳頭からの出血などの症状があれば、是非、乳腺外科を受診して下さい。乳がんの他に、乳腺には線維腺腫や葉状腫瘍という大きく育つ腫瘍もあり、超音波検査・マンモグラフィ・針生検などの検査で総合的に診断・治療をいたします。

外来日
午前
午後 - - -

| 目次 |

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。
ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です