ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  診療科のご案内  耳鼻咽喉科
ここから本文です。

耳鼻咽喉科


耳鼻咽喉科部長  八木 昌人 耳鼻咽喉科部長  八木 昌人

当科では、耳鼻咽喉科全般の診療を行っています。めまいや難聴などの神経耳科と呼ばれる領域の診療にはとくに定評があります。レーザーによるアレルギー性鼻炎の治療にも力をいれております。治療にあたっては、個々の患者さまのニーズに応じ、生活の質を改善していただけるような治療をこころがけています。

専門分野

メニエール病や良性発作性頭位めまい症などのめまい疾患、突発性難聴、慢性中耳炎をはじめとする難聴、アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎などの鼻疾患、慢性扁桃炎、睡眠時無呼吸症候群に対する外科治療、声帯ポリープなどの声の障害、唾液腺や甲状腺腫瘍をはじめとする頸部腫瘍、また、喉頭がんや咽頭がん、舌がんなど悪性腫瘍の診断と治療を専門に行っています。

特色

個々の患者さまのニーズに応じ、生活の質を改善していただけるように患者さま本位の治療をこころがけています。とくにめまいの診断と治療に関しては、国内的にも国際的にも高い評価を得ています。

主な対象疾患

スタッフ紹介

部長
八木 昌人
(やぎ まさと)
卒業年:
1984年
専門分野:
難聴、めまい、顔面神経麻痺、中耳炎、頭頚部腫瘍
資 格 等:
日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
日本気管食道科学会認定専門医
日本めまい平衡医学会めまい相談医
難病指定医
主任医長
吉川 弥生
(きっかわ やよい)
卒業年:
1995年
専門分野:
耳鼻咽喉科全般、難聴、めまい、小児耳鼻科
資 格 等:
日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
日本耳鼻咽喉科学会専門研修指導医
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
難病指定医
小川 慶
(おがわ けい)
卒業年:
2008年
専門分野:
耳鼻咽喉科全般
資 格 等:
日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
水本 結
(みずもと ゆい)
卒業年:
2017年
専門分野:
耳鼻咽喉科全般
資 格 等:
 
非常勤医師
室伏 利久 専門治療:めまい、難聴
金曜日午前担当

(2022年7月1日現在)

主な治療方法・クリティカルパス

主な検査・診断方法

認定施設

実績

 当院耳鼻咽喉科では、難聴、めまいや音声障害を含め、耳鼻咽喉科全般にわたる診断と治療を行っています。全身麻酔での手術件数は年間120件を超えています。手術に関して、最近では、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎の手術的治療、慢性副鼻腔炎の内視鏡手術、睡眠時無呼吸症候群の手術的治療、唾液腺腫瘍、甲状腺腫瘍などの頭頚部良性悪性腫瘍の手術などに力をいれております。外来では、難聴、めまい、顔面神経麻痺の診断と治療で実績をあげています。各種内耳機能検査、電気眼振検査、聴性脳幹反応検査(ABR)も必要な症例に対し施行しています。それぞれの症例の診断に応じて入院治療も含めた薬物療法や理学療法などの新しい治療を行っております。また、アレルギー性鼻炎に対しては、レーザー治療を外来で積極的に行っています。

主要疾患手術件数(件) 2020年度 2019年度 2018年度
鼓室形成術11 13 20
鼻内内視鏡手術26 42 65
扁桃摘出術23 27 20

外来医師担当表

外来医師担当表

各医師の外来診療予定日です。

東京逓信病院編著「身近な病気がよくわかる!病気&診療 完全解説BOOK」執筆内容

けんこう家族掲載記事

第135号 2020年10月1日発行

鼻の病気、最近の傾向
耳鼻咽喉科 部長 八木 昌人

第126号 平成29年10月1日発行

アレルギー性鼻炎の舌下免疫療法の効果について
耳鼻咽喉科 部長 八木 昌人

臨床研究への参加等

一側感音難聴の実態調査
概 要:
日本医療研究開発機構 障害者対策総合研究開発事業の支援を受け、東京大学耳鼻咽喉科が中心となり本邦における一側感音難聴の頻度、病態、重症度、治療介入の実態を調査するもの
対象患者:
2018年4月~2020年3月までに初診された方の中で一側の中等度以上の感音難聴を認めた患者さん
主任研究機関等:
東京大学医学部附属病院耳鼻咽喉科・頭頚部外科 山岨 達也先生
本調査についての詳細はこちら(213KB)をご覧ください

※これら臨床研究に提出するデータから、お名前・住所など患者さんを直接同定できる個人情報は削除されています。

アンケートにご協力ください

皆様にとって、より使いやすいホームページにするため、是非ご意見をお聞かせください。

<ご覧いただいているこのページについてお尋ねします>

このページは役に立ちましたか?

役に立った
ふつう
役に立たなかった

このページの表現やレイアウトは、分かりやすかったですか?

分かりやすかった
ふつう
分かりにくかった

このページの情報は探しやすかったですか?

探しやすかった
ふつう
探しづらかった

このページの情報量は適当ですか?

適当
詳しすぎる
足りない

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です